電気の資格 | 種類・難易度・対策

サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電気の資格

 Tweet  Blueskyのアイコン

電気の資格

電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶカテゴリー。

電気工作物の電気工事を行う「電気工事士」、自家用電気工作物の維持・管理・運用の責任者となる「電気主任技術者」、一定規模以上の電気工事を請け負う場合の監理技術者となる「電気工事施工管理技士」の3資格が、電気設備分野でもっとも重要視される。

この3資格のほか、一級建築士に対して設備についての助言を行う「建築設備士」という資格があり、電気専門の技術者であっても取得が可能である。これは設備知識とともに、建築の基礎知識を学ぶことが可能である。

消防法に関わる防災設備の専門資格である「消防設備士」も、電気設備設計には重要な資格である。消火設備、警報設備、避難設備に分類されており、電気設計者は「警報設備」を学ぶのが推奨される。これは自動火災報知設備の深い理解につながる。

机の上に置かれた書籍の写真

電気設計の資格

電気設備設計を行うための資格は基本的に存在しない。電気設備の設計について、法的に制限されている業務を挙げるならば「建築物の非常用照明装置」「予備電源設備」「避雷設備」など…
電気工事士は、電気工事士法によって「電気工事の作業に従事する者の資格及び義務を定め、もつて電気工事の欠陥による災害の発生の防止に寄与することを目的とする」と定められ…
電気設備に関わる者として、特に取得を推奨する資格として「電気主任技術者」という国家資格がある。電気工事士、電気工事施工管理技士など、電気設備設計を行う技術者が…
施工管理技術検定は、高度化・専門化・多様化が進む建設工事の施工に際し、建築技術の向上を目指す目的で実施される試験である。主に建築工事を掌握する「建築施工管理」、給排水…
建築設備士は、建築士に対して、建築設備の設計・工事監理に関するアドバイスを行える資格者として位置付けられており、建築士が建築設備士に意見を聞いた際は、建築確認…
消防設備士は、屋内消火栓、スプリンクラー、自動火災報知設備など、消防法に規定されている消防用設備等の工事、整備、点検を行える資格である。点検だけでなく工事までが…
危険物取扱者は、一定の数量以上の危険物を取り扱うために必要な国家資格のひとつである。危険物施設には「製造所」「貯蔵所」「取扱所」があり、指定数量以上の危険物は、この3分類の…
防火管理者とは、消防法により学校や病院、工場や百貨店など、多数の者が出入・勤務・居住する防火対象物で定めなければならない管理者であり、消防法に定められた国家資格のひとつで…
エアコン室外機の写真
電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
風力発電の写真
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
ライティングレールに取り付けられたスポットライトの写真
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
分電盤の測定写真
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
設備時計の写真
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
ボックスに収容されたケーブルの写真
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
辞書を見る人の写真
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
柱上に取り付けられた変圧器と電線の写真
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
誘導標識の写真
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
机の上に置かれた辞書の写真
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
自然をイメージした植栽の写真
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。

Copyright © 2009-2024 電気設備の知識と技術 All rights reserved.

JPRSにより、証明書に記載のドメイン名( https://electric-facilities.jp )の利用権を有することが証明されています。