CEC/L

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 A > APFC

APFC

スポンサーリンク

高圧受変電設備の系統に設置し、力率を監視しコンデンサを自動投入・切り離しを行うための自動制御装置のひとつ。

高圧受電の需要家では、力率を85%以上に維持することで電力の基本料金の割引を受けられるため、高い力率を維持するために進相コンデンサーが設けられる。

進相コンデンサーは、遅れ力率に対して電流を進めることで、力率を1.0に近づける効果があるが、軽負荷状態でコンデンサーを投入すると、100%を超えて力率が進んでしまい、異常電圧等の不具合につながる。

従来、仕様規模な需要家では、早朝にコンデンサーを手動で投入し、業務終了後にコンデンサーを切り離すといった作業が行われていた。LBSなど負荷開閉器を用いた作業では、操作者の技量によって信頼性が大きく変動してしまう。

これを自動化し、安全性と効率を高めるのが、APFCの設置目的である。APFCは単体では機能せず、VMCといった高圧接触器を進相コンデンサーの一次側に設け、これを信号によって操作することで入切を行う。

自動力率調整装置を設けることで、重負荷時には進相コンデンサーを複数接続し、軽負荷時には切り離すといった操作が自動で行われる。

自動力率調整器または、力率改善と進相コンデンサ容量計算において、別視点から解説を加えている。

カテゴリー

スポンサーリンク