電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ち > 調光器

調光器

照明器具の明るさを調整する装置で、調光に対応した照明器具の明るさを変えられる。調光器は住宅やホテルなど、時間によって使い方が変化する用途の建物での採用事例が多く、タイマーによるスケジュール運転や、シーンの自動選択といった多機能な調光器も販売されている。

調光方式には「PWM調光方式」と「位相制御方式」がある。PWM調光は「パルス変調」を利用した調光制御であり、調光範囲が極めて広く、1~100%という反応性の高い調光が可能である。近年普及しているLED照明の多くがPWM調光であり、高い制御性を持っている。位相制御方式は電圧調整によって調光する方式であり、白熱電球やハロゲン電球など、フィラメントに電圧を印加する方式で用いられている。

フィラメントを加熱して発光させるという単純な原理で点灯する白熱電球は、調光による減光によって寿命を延長できるが、蛍光灯やLED照明の電圧を低減させても、寿命が伸びることはない。調光対応ではない蛍光灯に調光器を接続すると、著しい寿命の低下を引き起こし、焼損事故の原因となるため注意を要する。

調光方式の違いと詳細についてはPWM調光と位相制御調光の違いを参照。

カテゴリー