電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 め > メタルハライドランプ

メタルハライドランプ

バルブ内にハロゲン化合物を入れた水銀ランプで、太陽光に近い白色光を放出する。高輝度長寿命なランプであり、水銀灯よりも演色性が高いためライトアップやスタジアム照明に利用されている。

タリウム・インジウムの金属ハロゲン化物を混合封入することで、単体の金属を封入するよりも蒸発しやすく、大光束を得られる。演色性を高めるため、ハロゲン化金属にはヨウ化ナトリウム、ヨウ化スカンジウムも合わせて封入し、色の見え方の改善がなされている。

発光管の材質は石英製であり、高効率で演色性が高いという利点があるが、寿命内における光束維持率が悪いため、高効率かつ高演色性、長寿命な「セラミックメタルハライドランプ」が開発され、広く普及した。

水銀条約による規制は水銀灯を対象としているが、メタルハライドランプは対象外とされているが、効率、演色性、寿命の面から、より高性能な「LED光源」への置き換えが推奨される。

メタルハライドランプのほか、HIDランプ全般についてはHIDランプの種類と特徴を参照。

カテゴリー