タキゲン200番・ハンドルキーの種類と特徴

電気設備の知識と技術 > 受変電設備の基礎知識 > タキゲン200番・ハンドルキーの種類と特徴

キュービクル・分電盤の鍵の種類

キュービクルや分電盤の内部には充電部が露出しており、充電部に接触すれば人体を通した漏電、感電事故が発生し、死亡事故につながるため大変危険である。動力分電盤では三相200Vや400Vの充電部が内部にあり、100Vの単相電源よりも高い電圧の電源が供給されている。

電気室に設置されるキュービクル受変電設備の内部には、6,600Vの高電圧充電部があり、これに接触すると、重篤な被害となるおそれがある。電気事故は感電による人的被害だけでなく、停電を引き起こすことによる経済的な被害も大きくなりがちである。

電気設備に由来する事故を防止するため、キュービクルや分電盤を設置する場所は、EPSや専用電気室、屋外ではフェンスに囲われた場所に設置するなど、安全対策を施す必要がある。さらに、電気技術者以外が容易に盤の扉を開けないように、盤のハンドルキーで施錠するなど、容易に電気管理者以外が操作できないような措置を施す。

セキュリティに配慮したキーの選定

タキゲン製造のNo200キーは、極めて広く普及しており、国内の分電盤の鍵のほとんどが「No200」で開くといわれるほどに普及している。電気管理者にとっては、同じキーで管理できるのは非常に便利であり、緊急時でも持参したキーで盤を開け、内部機器の点検や修理が可能となる。

しかし、分電盤はハンドルキーは、国外への輸出も行われており、国内の多くの分電盤を開閉できるキーが、世界中に広まってしまうという点についてセキュリティの危険性が指摘されるようになり、新たな規格の鍵を使用する事業主が増えている。

タキゲンのハンドルキー

キュービクルや分電盤の鍵は、電気技術者が容易に開けられるように、統一のハンドルキーにすることが一般的であり、今でもその風習が続いている。主要なハンドルキーのメーカーはタキゲン製造である。盤のハンドルキーといえばタキゲンの200番と呼ばれる程に、広い普及率を誇っている。

タキゲンは、分電盤やキュービクルの蝶番や金具類を製造しているメーカーであるが、電気設備業界ではハンドルキーのメーカーとして有名である。電灯分電盤・動力制御盤・端子盤・キュービクルまで、盤類では極めて多く使用されているキーである。

タキゲン200番の鍵は、分電盤やキュービクルを製作納入した際に付属品として納められるが、鍵本体では700円~800円程度で販売されている。鍵を紛失した場合では、メーカー等に問い合わせれば単体で購入できる。

数多くの電気設備の鍵がNo200となっている状況であるが、稼働中の分電盤や、依頼を受けた客先の分電盤・キュービクルの解錠を行う場合、同じ鍵を持っていたとしても電気管理者から鍵を借用するのが原則である。電気管理者の許可無く鍵を開けた場合、電気事故などを発生させると、事故の責任を問われ損害賠償を支払うことになる可能性がある。

蝶番・ヒンジ

蝶番は「ちょうばん」「ちょうつがい」と呼ぶ。英語読みでは「ヒンジ」と呼ばれ、鋼製建具などでも使用されている。扉や窓などを開閉する場合、固定された軸側を支柱にし、もう片方の扉部を一方向へ回転させられる機構を備えている。扉に限らず、分電盤やキュービクルの扉など、開き蓋などを開閉させるために使用されている。

蝶番を多軸にすることにより、扉を締め込む機構を持たせるなど、単純な開閉機構に留まらず多くの機能を持たせた蝶番・ヒンジが開発されており、用途に応じて選定がなされている。

ハンドルキーの選定における注意点

ハンドルキーは、分電盤やキュービクルを開閉するための取手の部分のことで、回転させることでラッチを外す機構を持っている。ハンドルキーはタキゲン社に限らず、多くのメーカーから販売されている。同一メーカーにて、列盤で構成するキュービクルでは問題にならないが、防災センターなど数多くのメーカーの製品を並べる場合、ハンドルキーを統一することも検討すると良い。

キュービクルや分電盤の施錠用キーは、鍵の指定をしなければタキゲン製造の200番が標準キーである。セキュリティを向上させるために鍵の種類を変えたいというニーズがあるので、施主方から要望される場合も多々考えられる。

分電盤や制御盤類のセキュリティを高める場合、No200を採用せず、TAKシリーズを採用するのが最も一般的である。従来のNo200に代わるTAK50や、マスターキーシステムに対応したTAK80など、選択の幅が広くなる。

TAKシリーズ

海外へのキュービクルや分電盤の輸出により、タキゲン製造の200番ハンドルキーが国外にも広まり、セキュリティに不安が感じられるようになった。電気設備の重要性は年々高まっており、悪意を持った者が電気設備の盤を開けて内部機器を操作し、電気の供給を途絶えさせてしまうと、計り知れない損害を被るおそれがある。

24時間稼働のサーバーシステムなど、電気設備の重要性は年々高くなり、被害の大きさも格段に大きくなる。電気設備へのセキュリティ対策の重要度は、年々高くなる。

セキュリティ不安を解消するために、タキゲン製造では従来の200番ハンドルキーに替わり、TAKというキーのシリーズを標準化している。TAKシリーズのハンドルキーは、セキュリティ強度が高められている。

TAK50

TAK50は、従来のNo200キーと互換性を保ちつつ、No200キーでは扉を開けられない。TAK50はNo200の上位に位置付けられ、TAK50キがあれば従来のNo200キーを開錠できるので、一本の鍵で、TAK50とNo200の両方の錠前を管理できる。

TAK60

TAK60は、多数の電気工事業者や盤メーカーが作業するような、汎用性を求める場所に適用できる鍵である。従来のNo200にもっとも近い性質がある。

TAK60キーはリバーシブルになっており、上下反対に差し込んでも錠前を開けられる。従来のNo200キーは、逆さに差しても回らないため、操作性に少々の難があったが、TAK60ではリバーシブルディンプルキーとすることで改善している。防塵シャッターが内蔵されているため、内部に塵が入り込み、鍵が回らなくなることを防止している。

TAK70

TAK70は、セキュリティを高めるため鍵違い管理を行いたい場合に適用できる。1,000通りの鍵種類があり、ひとつのビルや施設であれば、全ての盤の鍵種別を変えることもできるほどである。TAK70シリーズは、TAK7***という表記で1,000通りのキー種別を表現するので、TAK7000と呼ぶことがある。

TAK80

TAK80は、TAKシリーズで最もセキュリティが高いシリーズで、118,000通りのキー種別がある。リバーシブルキーとなっており、操作性は良好である。個別の扉を別鍵で強固に管理し、施設管理者などは一本のキーで全てを管理するなど、盤類にも高度なセキュリティシステムを構築できる。

TAK80は、マスターキーに対応しているため、全ての分電盤や制御盤を開けるキーを用意できる。テナントビルなどでも、フロア毎にキーを変えたり、店舗分電盤毎にキーを変えるなどし、セキュリティの向上を図れる。管理者は何十本~何百本の鍵を持ち運ぶことは困難であり、マスターキーを用意し、施設管理できる。

電気設備の知識と技術 > 受変電設備の基礎知識 > タキゲン200番・ハンドルキーの種類と特徴