予備配管

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 よ > 予備配管

予備配管

電力ケーブルや通信ケーブルの将来的な増強、事故時のケーブル振替え用に使用する予備用電線管。高圧電線路など、事故時の復旧をできるだけ早く行うため、実装管路のほかに同一サイズの予備配管を設けるのが良い。

天井や壁の施工完了後に通線工事することを考慮し、予備配管の内部に「呼び線」という電線引き入れ用の鉄線を挿入すると、通線の施工性が向上する。

竣工後に通信ケーブルを敷設するのが困難な住宅やオフィスビルはネットワーク技術の進歩が著しい。技術の変化が激しい設備に対応するためには、LANケーブルや光ケーブルを施工後に通すため、予備配管を壁・天井内に設けるのが望ましい。

カテゴリー