中継器(自動火災報知設備)

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ち > 中継器(自動火災報知設備)

中継器(自動火災報知設備)

自動火災報知設備を構成する機器のひとつ。中継器そのものには火災を警戒する機能はなく、熱感知器や煙感知器、ガス警報器からの信号を受信機に伝えるための機能を有する。

中継器は感知器や発信機から発信された信号や各種消火設備の運転信号などを受け、火災受信機または消火設備に送信するための中継装置となる。

1回線につき多数の感知器を接続することが可能な中継器もあり、規模に応じて多回線用中継器を選定する。R型受信機に対してP型感知器を設けたい場合、P型感知器を接続できる中継器を経由して接続することで、P型感知器を用いたエリア警戒が可能となる。

感知器用中継器のほか、発信機用、ガス漏れ警報用、地区音響用、防排煙連動など用途に応じた中継器があり、用途に応じて選定する。共同住宅用といった特殊用途の中継器も存在する。

カテゴリー