電波障害

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 て > 電波障害

電波障害

テレビの電波が正常に受信できなければ、テレビ画像の乱れや受信不能といった不具合を引き起こす。地上波アナログ放送では、受信画像にゴーストを生じる等の不具合が多かったが、地上波デジタル放送に切り替わったことにより、これら障害は「ブロックノイズ」または「受信不能」に置き換わった。

電波障害は、アンテナやブースター、同軸ケーブルなどの故障を除き、テレビ電波の中継局や発信局からの信号が正常に受信できないことを理由に発生する。テレビアンテナと中継局の間に障害物や遮蔽物が一切なければ良好な受信環境が得られるが、局間にビルやクレーンといった建築物・工作物があれば、電波が遮蔽されて受信に悪影響を及ぼす。

アナログ電波ではこの影響が著しく、電波の反射を受けてゴースト現象を引き起こすといった障害につながっていた。近年はデジタル放送が基本となっているため、アナログ放送と比べて受信しやすい環境となったが、電波の反射による悪影響は同様に発生するおそれがある。

電波障害発生時の対策

電波障害が発生した場合、その電波障害を発生させる原因者が補償しなければならない。電波障害の対策は下記が代表的である。

  • アンテナ位置を変える
  • アンテナを高性能なものに交換する
  • アンテナにブースターを取付する

電波は、一定の周波数で波のように伝搬するため、アンテナの位置を変えることで電波を受信できる可能性がある。アンテナ位置を変更しても効果が薄い場合は、アンテナを高性能な製品に交換し、微弱電波でも捕捉できないかを検討する。

受信した電波が著しく弱い場合、視聴不能となる信号強度まで減衰する以前に、ブースターによって信号強度を高めるという方法も考えられる。この場合、アンテナからできる限り近い位置で増幅すると良い。

受信電波が著しく弱い状態では、雨や雲の影響で受信不能となるおそれがある。アンテナの素子数を増やすなど、できる限り高性能なアンテナを選定するというのも一案である。

もしこれらの方法で対応できない場合、電波障害となる建物から直接信号線を供給する方法や、CATVを契約しその視聴料を負担するといった方法もある。CATVなどを契約する場合、長期間に渡って金銭的負担が発生することになる。

電気設備用語 目次












B

F
G
H
J

K
L
N
O

Q
R
T

W
X
Y

Z