相電圧

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 そ > 相電圧

相電圧

三相交流における各相と大地間の電圧。三相変圧器においては巻線そのものに誘起する電圧であり、相電圧は大地との電位差を示す。回転磁界を生み出すため、同一の巻数としたコイルを120°間隔で配置すると、120°の位相差を持つ正弦波の交流の起電力が発生し、これが三相交流である。

相電圧に対して、線間電圧は「導体間の電圧」である。スター結線とデルタ結線では、相電圧と線間電圧の関係に違いがある。

スター結線(Y-Y結線)では「線間電圧 = √3×相電圧」「線間電流 = 相電流」となる。

デルタ結線(⊿-⊿結線)では「線間電圧 = 相電圧」「線間電流 = √3×相電流」となる。

カテゴリー