電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 せ > 絶縁抵抗試験

絶縁抵抗試験

電気配線や電気機器の絶縁状態を確認するための試験。電路は常に絶縁状態を維持しなけれはならず、絶縁が破壊されると地絡事故につながるため、定期的に絶縁抵抗試験を行うことで電路の健全性を確認する。絶縁抵抗試験は主に低圧電路の絶縁性能を確認するための試験であり、電路に漏れ電流が発生していないかを確認するための重要な試験項目となる。

高圧電路は絶縁抵抗試験のほか、絶縁耐力試験を行う。高圧電路は低圧電路と違い、絶縁抵抗値のみで健全性を確認するのは不十分で、通常時印加される電圧よりも高い電圧を一定時間印加することで、電路が絶縁破壊しないかを確認する。

絶縁抵抗試験の規定電圧や方法については絶縁抵抗の基準と絶縁破壊・絶縁監視装置を参照。

カテゴリー