3路スイッチ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 さ > 3路スイッチ

3路スイッチ

スポンサーリンク

1つの電灯を2箇所で点滅させる場合に使用するスイッチ。スイッチの形状は片切スイッチと同じだが、左右どちらのスイッチを倒してもオンまたはオフになる可能性があるため、片切スイッチのようにオンオフを示すマーキングは施されていない。

入口が2箇所ある部屋、階段照明の中間、長い廊下の両端など、どちらの場所でも照明をオンオフしたい場合は、片切スイッチではなく3路スイッチを2つ使用する。

3路スイッチの回路パターン

「入口が3箇所以上」「階段が1~2階に留まらず3~4階と多層に渡る」「長い廊下で出入口が3箇所以上」など、スイッチが3箇所以上必要になるケースでは、3路スイッチだけで組むことができない。複数の場所でオンオフが必要な場合は、4路スイッチを組み合わせる。

回路の両端を3路スイッチとし、中間部分に4路スイッチを使用することで点滅場所を増やせる。以降、4路スイッチの数だけ点滅場所を増やせる。

照明スイッチの種類や特徴、設計方法については電気スイッチ・照明スイッチの種類を参照。

カテゴリー

スポンサーリンク