ラジアスクランプ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ら > ラジアスクランプ

ラジアスクランプ

鋼製アウトレットボックスと電線管との接地を確保するために使用する接地金具。ラジアスクランプと金属管が広い面積で接続されるため、品質の良いD種接地工事が可能となる。ラジアスクランプの本体は、伝導性を高めるための「無酸素銅」が使用されている。

ラジアスクランプはウォーターポンププライヤーで容易に湾曲する薄い銅板であり、ラジアスクランプの内側に接地線を挟んで巻き付ける。巻き付けた、両端を指で寄せると固定されるため、噛みあわせた上からプライヤーで電線管との隙間がなくなるように強く挟む。固定後の端部は電線管に締め付けられる方向に倒して固定する良いが、強く叩いて倒すと接地線が外れるおそれがあるため注意を要する。

ラジアスクランプの端部にある突起により、完全に硬化する前の塗装程度であれば、貫通して電気的な接続ができる。ラジアスクランプを取付ける場合、塗装前または完全硬化前に施工するのが良い。

アウトレットボックスの仕様や施工方法の詳細についてはアウトレットボックスを参照。

カテゴリー