電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 の > ノーマルクローズ

ノーマルクローズ(N.C.)

受変電設備のシーケンスにおいて、信号を与えない際に閉(ON)状態で運用される機構。リレーに通電していない状態で、接点は閉(ON)を保持するため、通常時閉 = ノーマルクローズと表現する。結線図では「N.C.」と記載される。

ノーマルクローズは、制御回路で一般的な「B接点」と呼ばれる機構である。常に接点が閉じた状態であり、スイッチなど外部信号を与えない状態であれば、閉回路を構成するために通電状態を維持する。外部信号やスイッチ押下といった信号が与えられない限り、通電状態を維持する。

制御回路の設計においては、通常時はONだが、緊急時や非常時に強制停止を掛けたい「緊急時の安全装置」に用いることが多い。

通常時は接点が開放(OFF)となっており、通電時に接点が閉(ON)となる機構を持つものは「ノーマルオープン(N.O.)」と呼ばれる。

カテゴリー