熱主電従

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ね > 熱主電従

熱主電従

コージェネレーションシステムの運転方式で、熱負荷を主として発電機の運転制御を行い、発生した電力量を制御せずに利用する方式。熱の制御が優先されるため、電力量は熱の利用が多ければ比例して多くなり、熱を必要としなければ発電能力も小さくなる。

「温水プール」においては、熱の利用が主目的となるため、昇温を目的としてコージェネレーションシステムが運転される。発生する電力は熱の副産物となり、制御は行われていない。この運用方法は「熱主電従」として扱われる。対して、電力を優先して制御する発電主体の運用方法は「電主熱従」と呼ばれる。

電主熱従、熱主電従の考え方や、コージェネレーションシステムの仕組みについてはコージェネレーションシステムの仕組みを参照。

カテゴリー