電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ね > ネオン変圧器

ネオン変圧器

ネオン管を点灯させるために使用する変圧器。磁気漏れ変圧器を使用し、高い無負荷電圧によってネオンランプを点灯させる。

9,000~15,000Vの二次電圧を必要とするネオン管は、変圧器によって低圧から高圧への昇圧を行う必要がある。高電圧による危険性の高さから、所轄消防へ高電圧のネオンを使用する旨の届出が必要となる。

高電圧では手続きや安全対策が煩雑となるため、電圧を低減させ安全性を高めた「低電圧ネオン変圧器」が開発されており、広く普及している。定電圧のネオン変圧器であれば、本来所轄消防への届出は省略できるが、所轄消防機関によっては届出のみ求める場合があるため、事前協議を要する。

ネオン光源は制御性が良く、点滅や調光によって演出が可能である。高速点滅や調光を主体に行う場合、電子式安定器が多く使用される。電子式安定器はインバーターを用いることで高い制御性を有し、かつ省エネルギー効果が高い。

最近では、LED光源の実用化と高効率化により、ネオン光源からの置き換えが進んでいる。建築設備分野で新たにネオン光源が採用される事例は少なく、ネオン変圧器の採用実績は減少している。

カテゴリー