水トリー現象

サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 水トリー現象

 Tweet  Blueskyのアイコン

水トリー現象

高圧電線路に用いられるCVケーブルやCVTケーブルの絶縁層で、絶縁劣化がツリー状に成長して絶縁層を貫通し、絶縁破壊を引き起こす現象である。水が含まれた環境に常時曝されているケーブルで発生することが知られており、ケーブルを長期間浸水されることにより、絶縁劣化が進行してケーブルが劣化し、絶縁破壊へと進行するおそれがある。

CVケーブルは架橋ポリエチレンを用いたケーブルであり、ポリエチレン内部の異物で電界が集中し、ツリー状に劣化が広がっていくことが知られており、ケーブル内部と外部までツリーが接続されると、絶縁破壊となる。高圧ケーブルが地中など水の影響がある場所は、多くが電力会社からの受電ケーブルであり、この部分で電線の事故が発生することで近隣を巻き込んだ停電となる波及事故につながることが多い。

天井裏など水の影響を受けない場所であれば、CVケーブルは20~30年以上継続して使われていることも多く、絶縁抵抗試験や絶縁耐力試験で異常がなければ問題ないとされる。しかし地中埋設となっているケーブルは地中水や雨水、汚泥などにより過酷な環境となっていることが多く、ケーブルの劣化が進行しやすい。

水トリーには、その劣化の進行形状により、外側から進行する「外導水トリー」、内側から進行する「外導水トリー」、ケーブル内部から進行する「ボウタイ状水トリー」があり、外部と内部がつながることで絶縁性能が失われる。

高圧のCVケーブルで発生する水トリーを防止するため、ケーブルの内部半導電層と絶縁体、外部半導電層をすべて同時押出する「E-E方式」のケーブルを用いることが推奨されている。電力会社工事や公共工事などではE-E仕様が規定されていることがあるが、ケーブルコストが高くなることもあり、民間工事の多くは外部半導電層をテープ巻き方式とした「E-T方式」のCVケーブルが用いられている。

2023年12月に経済産業省より、「更新推奨時期に満たない高圧ケーブルにおける水トリー現象に係る注意喚起」が発表され、E-Tタイプでの事故が多発していることから、E-Eタイプの高圧CVケーブルを採用する需要家が多くなり、ケーブル確保が困難となっている。

CVケーブルの特徴や仕様についての詳細はCVケーブル・CVTケーブルを参照。

新着情報

2024.02.25 光ダクト

2024.02.25 片端接地

2024.02.23 スコット変圧器

2024.02.20 配線ダクト

2024.02.19 感震ブレーカー

2024.02.17 マルチメディアコンセント

2024.02.15 アンチパスバック

2024.02.15 DINレール

2024.02.15 オープン変電所

2024.02.13 スマート照明

2024.02.13 USB PD

2024.02.13 テレビコンセント

2024.02.12 アンダーカーペット配線

2024.02.10 パイプベンダー

2024.02.10 フロアダクト

2024.02.08 セルラダクト

2024.02.06 住宅用引込柱

2024.02.03 CTD(コンデンサ引外し装置)

 
エアコン室外機の写真
電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
風力発電の写真
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
ライティングレールに取り付けられたスポットライトの写真
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
分電盤の測定写真
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
設備時計の写真
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
ボックスに収容されたケーブルの写真
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
辞書を見る人の写真
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
柱上に取り付けられた変圧器と電線の写真
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
誘導標識の写真
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
机の上に置かれた辞書の写真
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
自然をイメージした植栽の写真
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。

Copyright © 2009-2024 電気設備の知識と技術 All rights reserved.

JPRSにより、証明書に記載のドメイン名( https://electric-facilities.jp )の利用権を有することが証明されています。