電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 け > ケーブルハンガー

ケーブルハンガー

ケーブルをメッセンジャーワイヤーに吊る際に使用する支持金物。幹線の太いケーブルの敷設や、Fケーブルなど多数の細いケーブルを整然と敷設するために使用する。メッセンジャーワイヤー工法によるケーブル敷設時には、ケーブルに張力が掛からないために使用される。

屋外架空ケーブル吊架時に使用するのが基本の電気工事材料であるが、屋内天井裏での幹線敷設において、数本程度の幹線を敷設する施工や、Fケーブルを多数敷設する場合にも実績が多い。

屋内で使用する場合、幹線やFケーブルの多条敷設に適した専用品が用意されており、吊りボルトにワンタッチで取り付けられる製品として各種電材メーカーから販売されている。

ケーブルハンガーの支持固定は、ピン打ち、接着、メッセンジャーワイヤー支持、鋼材(鉄骨)支持、吊りボルト支持など多数あるが、それぞれ許容荷重が吊架しないよう計画する。接着方式は許容荷重が小さく、経年劣化で剥がれてしまうおそれがあるので、できる限り打込みか、鋼材からの支持が望ましい。

カテゴリー