電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 か > 間接照明

間接照明

光源から出る光を天井や壁に向け、天井や壁からの反射によって照射する方式。空間に広がり感を与えられ、空間の雰囲気改善に役立つされており、圧迫感や閉塞感を発生させやすい天井面や壁面に用いる。

照射対象の面が広い場合や、間接照明を設置する場所が狭い場合、光が均一に照射できないことがある。天井では、端部だけが明るく中心部が暗いのは好ましくなく、均一な照射を行うための検討が必要である。

幕板などで光源を隠すことが多いが、光を遮断するように幕板を設置すると、カットオフラインと呼ばれる強い陰影が天井面に発生する。幕板高さを器具高さと一致させるか、照明器具の照射方向を逆にするなどして対応する。

間接照明は光源を隠し反射光のみを照射する手法のため、ベース照明と比較して著しくエネルギー効率が悪く、作業面照度の確保には適していない。

間接照明の種類や技法については間接照明デザインとテクニックを参照。

カテゴリー