倍率器

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 は > 倍率器

倍率器

直流電圧計の測定範囲を拡大させるために使用する抵抗器。抵抗を直列に繋ぐと、電圧が分圧されることを利用しており、本来電圧計が持っている最大目盛よりも大きな電圧が測定したい際に利用する。主に、可動コイル形計器を電圧計として使用する場合に用いられる。

電圧計の内部抵抗と倍率期を組み合わせることで、電圧計の内部抵抗に掛かる電圧を低く抑え、最大目盛よりも大きな電圧を測定できる。測定した数値は、倍率器の倍率によって読み替えを行う。

倍率器は外付けで設ける方法のほか、電圧計の内部に組込搭載し、電圧測定レンジを可変させて、様々な電圧を測定できるよう工夫されている製品もある。

倍率器は直流用機器のひとつであり、交流では使用できない。交流電圧の測定範囲を拡大する機器は「計器用変圧器」である。

カテゴリー