電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 は > 配線用遮断器

配線用遮断器

開閉装置と過電流引外し装置を内蔵した気中遮断器。電路に過大に流れた電流を検出し、回路を遮断する機能を持つ安全装置のひとつ。

配線用遮断器を設けることで、負荷機器の接続しすぎによる過負荷や、ショート(短絡)による大電流を検出した場合に、速やかに動作し事故電路を遮断できる。配線用遮断器は漏電に対しての保護機能を持っていないため、漏電検出を行う場合は配線用遮断器ではなく漏電遮断器を用いる必要がある。

配線用遮断器の動作特性として、反限時特性と呼ばれる「電流の1倍では動作せず、大電流ほど瞬時に動作する」という特徴がある。この特性により、大型の電動機を運転させた瞬間の始動電流や突入電流など、電気事故ではない瞬間的な大電流では遮断しないようになっている。

配線用遮断器の誤動作を誘発する要因として、電動機始動電流のほか、HID照明の始動時高圧パルス、変圧器の突入電流、コンデンサ投入時の過渡電流があり、それぞれ発生する電流に大きな違いがある。

これら特殊機器を保護するための配線用遮断器の選定を誤ると、電気事故を原因としない電流で遮断器が動作することがあるため、発生する電流と遮断器の動作特性をそれぞれ確認しなければならない。遮断器は常に大電流を流し続けると劣化が進行するため、定常時に流れる電流は80%を上限とするのが望ましい。

配線用遮断器の種類や特性の詳細については配線用遮断器・漏電遮断器の機能と選定を参照。

カテゴリー