LBS

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 L > LBS

LBS

高圧受変電設備内に設ける安全装置のひとつで、負荷電流が流れた状態の高圧電路を開閉できる装置である。断路器よりも性能が高く、遮断器よりも簡易かつ安価という位置付けであり、変圧器の一次側に設けることが多い。ヒューズを内蔵することで、故障電流を遮断する機能を付与することも可能である。

LBSは負荷電流を開閉する機能があるが、本体のみで短絡電流を遮断する機能はない。短絡電流を遮断するには限流ヒューズを搭載する必要があり、ヒューズホルダーが付加された製品を選定するのが基本である。

負荷電流が流れている状態での開閉操作は、断路器と同様にフック棒を用いた手動操作となり、棒の先端のフックを操作部分に引っ掛けて、勢い良く操作する必要がある。また、短絡電流の流れた回路をヒューズによって保護した場合、ヒューズ内部で電路が切り離されているため、交換しなければならない。真空遮断器のように何度も使うことはできず、使い捨てヒューズを交換しなければならない。

LBS開閉操作にあっては、本体に付属している引外しレバーにフックを掛けて引くと、スプリングの力で可動接触子が急速に離れる。このとき負荷電流の開放により接触部分にアークが発生するが、LBSにはアークの方向を制御する「アークシュート」の側に流れ込み、隣接している導体側にアークが飛散することはない。

このアークシュートはアークの持つ熱エネルギーを奪い、かつ電流を絞ることで消弧を促す。この仕組は「細隙消弧」と呼ばれ、LBSによる消弧方式の主流となっている。

負荷開閉器のほか、断路器、遮断器など高圧機器の詳細については断路器・負荷開閉器・遮断器の特性と選定方法を参照。

カテゴリー