サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電線・ケーブルの種類 > MIケーブル

 Blueskyのアイコン

 2024.3.25

MIケーブルとは

MIケーブルは、250℃以上の極めて高い許容温度を持つ絶縁ケーブルのひとつで、酸化マグネシウムなどの無機質系の絶縁体を充填することで、高い許容温度を確保している。無機絶縁ケーブルとも呼ばれる。

MIケーブルの「MI」は、Mineral Insulatedの頭文字であり、無機物で絶縁されていることを示している。導体に対して酸化マグネシウムを充填し、シースはステンレスやニッケルをベベースとした金属製となっている。これによりケーブル自体は極めて高強度となり、燃焼性や耐酸性を高めることができている。

周辺環境が過酷な焼却炉付近や、焼結・焼成といった工程が近傍で行われる周辺温度が高温となる部分、炉の付近などで用いる制御ケーブルなどに採用されることが多い。

対して、特殊環境用ケーブルであることから、一般的な建築施設のケーブルとして採用されることはなく、電気設備設計において計画すること自体が稀な材料でもある。

国内では、熱電対、抵抗体、ヒーター用というように、製造部門や熱機器配線として用いるケーブルとして普及しており、内線電気工事としての一般配線として利用することは想定されていない。

MIケーブルの耐火性

MIケーブルは高い耐熱性を維持しているだけでなく、耐火性も高いケーブルとして認定されており、建築基準法に定められた「耐熱C種配線」としても使用可能である。そのため、ケーブル露出工事で、電源別置の非常照明電源配線として使うことができる。

しかし、実務としては一般ケーブルではないMIケーブルを耐火ケーブルとして使用するのは合理性がなく、コストが高く納期も確定できないことから、耐火ケーブルとしてはFPケーブルを用いるべきである。

MIケーブルの耐熱性

耐火性を持つMIケーブルは、耐熱性も良好のためサウナ内部の配線として利用可能であることが規定されている。1,000℃を超える高い耐熱性によるものであるが、これも耐火ケーブルと同様に、サウナ内部であれば「けい素ゴム絶縁ガラス編組電線(LKGB)」と呼ばれる耐熱電線が利用可能なため、MIケーブルを選定することはあまり考えられない。

いずれも、コストに見合った電線選定が望ましい。LKGBは0.75sq~250sqという幅広いラインナップが標準化されており、量販店での購入が可能である。

 
カテゴリー
エアコン室外機の写真
電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
風力発電の写真
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
ライティングレールに取り付けられたスポットライトの写真
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
分電盤の測定写真
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
設備時計の写真
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
ボックスに収容されたケーブルの写真
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
辞書を見る人の写真
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
柱上に取り付けられた変圧器と電線の写真
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
誘導標識の写真
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
机の上に置かれた辞書の写真
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
自然をイメージした植栽の写真
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。

Copyright © 2009-2024 電気設備の知識と技術 All rights reserved.