ターミナルキャップ・エントランスキャップ

電気設備の知識と技術 > 電気設備設計の基礎知識 > ターミナルキャップ・エントランスキャップ

ターミナルキャップとは

ターミナルキャップは「水平に展開」した電線管の管端に取付け、電線管の末端から取り出す電線の保護を行うために使用する、電線管付属材料である。類似品として、エントランスキャップがあり、電線管の接続方向によって使い分けがなされる。

ターミナルキャップの電線取り出し口の角度は垂直方向となっており、電線管の敷設方向を90°変えられるという特性がある。横向きの電線管にターミナルキャップを接続することで、管口は真下を向くため、雨の侵入が防止できる。

垂直に敷設された電線管の端部にターミナルキャップを設けてしまうと、管口が真横を向いてしまうため、雨水の侵入を食い止められない。垂直方向の電線管には、エントランスキャップを用いると良い。

エントランスキャップとは

ターミナルキャップと似通った形状をしている電線管付属材料として、エントランスキャップがある。

ターミナルキャップは、水平に敷設された電線管の端部に設置するのに対し、エントランスキャップは、電柱や鋼管ポールなど垂直に立ち上がっている電線管の端部に取付けて、雨水の侵入を防止する電線管付属材料である。

電線取り出し口は、ターミナルキャップと違い、垂直方向より少し下向きになっているため、垂直に敷設した電線管に接続すると、雨水が侵入しない方向を剥きる。水平に敷設されている電線管にエントランスキャップを接続すると、電線方向が90°よりも内側になるため、電線取り出しが困難になる。

電線管を水平に敷設している場合は「ターミナルキャップ」、電線管を垂直に敷設している場合は「エントランスキャップ」を使用すると覚えれば良い。ターミナルキャップやエントランスキャップは、第二種電気工事士の筆記試験や鑑別試験によく出題される電気材料となっている。

ウェザーキャップとは

ターミナルキャップ、エントランスキャップのほか、ウェザーキャップと呼ばれる電線管付属品もある。ウェザーキャップは、エントランスキャップと同じ使用方法と考えてよく、「垂直に敷設した電線管の末端から、電線を取り出す」という用途の電線管付属材料である。

現在では、ウェザーキャップという名称での市場流通はほとんどしておらず、エントランスキャップか、ターミナルキャップを使用することになる。

電気設備の知識と技術 > 電気設備設計の基礎知識 > ターミナルキャップ・エントランスキャップ