オイルヒーターの基礎知識

電気設備の知識と技術 > 電気の基礎知識 > オイルヒーターの基礎知識

オイルヒーターとは

オイルヒーターは、フィンの付いた密閉容器に難燃性の油が密閉されており、電気を流すことで内部の油が加熱され、温度が上昇したオイルがパイプ内を循環することで放熱する暖房器具である。

効率の良い放熱を促すため表面には多数の放熱フィンが取り付けられており、このフィンから放熱させるという構造を持つ、電気ヒーター暖房器具の一種である。オイルヒーター本体から放出される輻射熱に部屋を暖める。

オイルヒーターは電気エネルギーで熱を作る仕組みを持つ暖房器具であり、熱源部分は完全密閉されているため空気を汚す心配がない。フィンからの熱輻射を利用した輻射暖房であるため、やわらかい暖かさを得られるという特徴がある。

熱を発生する油は容器内に密閉されているためメンテナンスする必要がなく、本体外側の清掃だけで済む。オイルを長期間使用しても、交換や補充を考えることなく、メンテナンスフリーで使う事が可能である。

オイルヒーターは、本体からの運転音がほとんどなく、本体温度は他の電気ヒーターの吹き出し口のようにやけどするほど熱くならず、空気を汚さない非常にクリーンな暖房器具である。風を発生させることがないため、室内のほこりが舞ったり、ハウスダストを拡散させる心配がない。

しかし「本体温度があまり熱くならない」ということは、暖房効果が低いということでもある。オイルヒーターの設置場所を間違えると、まったく部屋が暖かくならず、電気代だけが高いという不具合につながる。

オイルヒーターの特徴

オイルヒーターは電気ストーブの一種で、電気エネルギーを熱源とした輻射暖房器具である。ガスや燃料を使用しないため、空気を汚さずに暖房効果を得られる。

しかし、オイルヒーターに充填されている難燃油が暖かくなるまで、暖房効果を発揮できないため、暖かさを感じるまでかなりの時間が必要である。電気ストーブとして代表的なハロゲンヒーターやセラミックファンヒーターは、電源をオンにして数秒後には暖かさを感じられるが、オイルヒーターでは内蔵されたオイルが温まるまで20~30分必要であり、即時的な暖房効果は期待できない。

部屋全体を暖めるに長い時間を要すことのほか、空気を暖めるための放熱フィンが大きくなりがちで、高い暖房効果を得るためには、器具が大きく重くなるという欠点もある。

ここではオイルヒーターの特徴のほか、オイルヒーターの利点や欠点、電気代の考え方、コンセント接続時の注意点など、オイルヒーターに関する基礎知識について解説する。

オイルヒーターと、その他暖房との比較については、電気ヒーター暖房器具の選び方を参照。

オイルヒーターの利点・メリット

オイルヒーターはエアコンやガスファンヒーター、石油ヒーターと比較して、回転部品が存在しないことによる静寂性で有利であり、ガスや灯油の燃焼を伴わないため空気を汚すこともない。

エアコンのように室内の空気をかき混ぜることもせず、ほこりやハウスダストの巻き上げもない。下記に、オイルヒーターと他の暖房器具を比較しての利点を列記する。

駆動音がなく静か

オイルヒーターは、エアコンやファンヒーターのような駆動部(回転部分)が存在しないため、本体からの運転音がなく静かである。

タイマーや温度サーモの動作音を感じたり、オイル加熱中に若干のパチパチ音や、電子機器特有の「ジー」という振動音を感じることがあるが、総じて騒音は小さく、寝室用の暖房器具としても適している。

空気が汚染されない

オイルヒーターは空気の循環がないため、ほこりやハウスダストを吸い込んだり、巻き上げる心配がない。これはオイルヒーターに限ったことではなく、電気暖房全般の利点でもある。石油ファンヒーターのように灯油の燃焼も伴わず、二酸化炭素や一酸化炭素で空気を汚染する心配もない。

空気を汚さない非常にクリーンな暖房器具であり、高齢者や乳幼児が過ごす部屋や寝室での利用に適している。風を発生させることがなく、空気の乾燥やハウスダストを拡散させる心配がないのが大きな利点である。

ガスヒーターなど燃焼を伴う暖房器具では、一酸化炭素や二酸化炭素を排出するために換気を必要とする。換気は、新鮮な空気を取り入れる重要な設備であるが、同時に冷たい外気を取り入れてしまうため、暖房効果を失う原因でもある。オイルヒーターは空気を汚さないため、換気は「暖房がない状態」と同じく最小限に抑えられる。

輻射熱による優しい暖房が可能

オイルヒーターは輻射熱を利用しており、空気を汚さず身体に優しい暖房機器である。電気ストーブと比べて表面温度が低いため、柔らかい暖房効果を得られる。ハロゲンヒーターやセラミックファンヒーターは表面温度が大変熱いため、長時間の暖房は身体への負担が大きく火傷の心配もある。

オイルヒーターは表面温度が90度程度であり、他の暖房器具よりも低いため、刺激の少ない柔らかな暖房効果を期待できる。新生児や乳児、高齢者の使用する部屋に適した暖房器具である。

表面温度が低く柔らかい暖房であるため、頻繁に部屋を出入りしたり、窓を大きく開けて換気すると暖房効果をすぐに失ってしまう。再度、部屋を暖房するのに長い時間が必要となるため「出入りが少ない」「長時間利用する」という部屋に用いるのが理想的である。

メンテナンスフリーで長期間利用可能

容器内の難燃油は、完全に密閉されているため、利用者がメンテナンスする必要がない。普段の手入れは本体表面の清掃だけで済むので、日常手入れの負担が少ないという利点がある。

充填されているオイルはメンテナンスフリーであり、ユーザーが交換や補充を考える必要がなく、機器の耐用年数までそのまま使える。表面はほこりなどで汚れていくので定期的な清掃が必要であるが、清掃を除き、メンテナンスの負担が大変小さいことが大きな利点である。

やけどの可能性が他のヒーターより低い

オイルヒーターは比較的低い温度を、輻射熱によって放出する電気ヒーターである。ガスや灯油を燃焼させる電気ストーブや、ハロゲンヒーターと比べて安全性が高いのが利点である。

直接触ってすぐにやけどを起こすような温度ではないが、部分的には60℃を超えることも考えられ、長時間接触していると低温やけどの原因になり、絶対に安全ということはない。

乳幼児がいる家庭では、オイルヒーターの熱による低温やけどの危険性が気になり、より安全性を高めたいと考えるため、外付け可能な「オイルヒーターガード」といった製品を設けるのも一案である。

オイルヒーターの欠点・デメリット

静寂性やクリーン性に利点があるオイルヒーターであるが、ガスファンヒーターや灯油ヒーター、エアコンと比較して、なかなか暖かくならないという欠点がある。

表面温度が低いため安全性は担保されているが、暖房効率に難があり、設置場所や使用方法を誤ると消費電力ばかりが大きくなり、高い電気代を支払っているのにもかかわらず、暖房効果が得られないという事態につながる。

暖房効率が悪い

オイルヒーターは、比較的低い表面温度で運転する暖房器具であり、輻射熱を利用した暖房方式である。暖房効率が悪く、すぐに部屋を暖められない。通常、電源スイッチをオンにしてから、20~30分経過しないと本体が暖かくならない。

本体が暖かくならなければ暖房効果は一切ないため、部屋を暖めるためには30分以上を必要とする。即暖性という点ではマイナスポイントである。

ハロゲンヒーターやカーボンヒーターといった各種電気暖房は、電源をオンにした瞬間に暖房効果を発揮するが、オイルヒーターは例外で、長時間に渡るオイルへの加熱が必要である。

暖房効果を感じるまでに時間を要するので、広い部屋や、断熱の悪い部屋では、1時間以上の暖房時間を要すことも考えられる。

冷気の流入や換気によって暖房効果が失われる

オイルヒーターは表面温度が他の電気ヒーターと比べて低く、なかなか暖房効果を発揮しない。扉や窓の開閉や換気に冷たい外気や、暖房されていない部屋の寒気が流入すると、オイルヒーターに頼って暖房している部屋の空気はすぐに冷やされる。

オイルヒーターを設置している部屋は、できるだけ換気を最低限にし、人の出入りも少なく抑えて、冷気をできる限り侵入させないことが重要である。かつ気密性の高い部屋で使用するのが原則であり、すきま風などが吹き込む環境では暖房効果が非常に悪くなる。

断熱された鉄筋コンクリート造のマンションでは、気密性が非常に高く、必要以上の換気がされないため、オイルヒーターの性能を十分発揮できる。通気性の良い木造の戸建住宅は、すきま風によってオイルヒーターの暖気がすぐに失われてしまい、十分な暖房効果が発揮されない。

オイルヒーターを設置している部屋は、できるだけ換気量を小さく抑え、かつ冷たい外気の侵入も制限しなければならない。

業務施設では、全熱交換器と呼ばれる「外気を室温で温めてから室内に取り込む」設備が普及しているが、住宅用の全熱交換器は高価な設備であり、ダクト工事などを伴うため後付けするのは困難である。冷たい外気を導入している環境の場合、オイルヒーターによる暖房効率は非常に悪くなる。

電気代が高くなる

オイルヒーターは600~1,200Wの大電力を長時間に渡って使用する暖房器具である。直接的な暖かさを感じる暖房器具ではなく、部屋全体が輻射で暖まるまで長時間必要とするので、電源をオンにしている時間が長く消費電力は非常に大きくなる。

一般的に使用されているエアコンは、ヒートポンプの原理により、消費電力に対して4~5倍の高い暖房効果を得られる。オイルヒーターの電気暖房は、消費電力 = 暖房能力となるため、室全体を温めるためには大きな電力が必要である。

エアコンの暖房効果と消費電力の関係性は、エアコンの効果的な使い方を参照。

サーモスタットなど、所定の温度まで加熱したことを検出して自動的にオンオフを行う省エネ機能などがある機種であれば、より小さな消費電力となるが、ここでは単純計算にて解説する。

1,200Wのオイルヒーターを1時間連続運転すると、約30円の電気代が掛かる。スイッチをオンにしオイルヒーターを1時間連続運転した状態で、オイルヒーター本体は十分に加熱されていても、部屋全体が暖かくなっていないことも十分有り得る。エアコンであれば1時間も運転すれば、暖房が完了して送風運転となっている時間である。

部屋の広さにもよるが、輻射効果によって部屋全体が暖まり、過ごしやすい環境とするにはさらに1~2時間程度が必要である。消費電力はさらに大きくなり、電気代は70~100円まで高くなることが予想される。

基本的に、電気ヒーターはヒートポンプなどの機構を持っていないため、消費電力と暖房能力はほぼ同一になる。ヒートポンプを搭載しているエアコンであれば、500W程度の消費電力で2,500W程度の暖房能力を得られるが、オイルヒーターなどの電気熱源は、部屋全体を温めるといった使い方をすると消費電力が著しく大きくなるため注意を要する。

パチパチ音が発生する

オイルヒーターに電源を入れ、オイルが温まるまでの間、パチパチという弾けるような音が聞こえる。これはオイルヒーターの内部において、温度差による結露を原因とした気泡が加熱したオイルに接触して弾ける音であり、しばらくすると消える。

気泡音は故障や不具合ではなく、やむを得ないオイルヒーターの特性でもあるので、しばらく様子を見ることで通常問題ない。長時間に渡って気泡が弾ける音が消えなかったり、本体が異常に加熱されて熱くなっているようであれば故障の可能性があるため、オイルヒーターの使用を中止してメーカーサポートに連絡すべきである。

本体が大きく重い

オイルヒーターは、内蔵されているオイルのほか、鉄板など、重量のある素材で構成されており、小型機種でも10kgを超える「大きく重い」暖房器具である。足元はキャスターなど運搬しやすく配慮されているが、不安定な場所に設置するのは厳禁であり、絨毯の上などで使用できない。

使用したい場所へ運ぶ場合、キャスターで運搬できる範囲での移動では良いが、床の段差がある場合や、上下階への移動が必要となると、一人での作業は危険を伴う。

つかまり立ちの乳児などがいる部屋で、かつ足元が安定しない場所で使用すると、オイルヒーターをつかんで立とうとして、転倒によって怪我をする事故につながることもある。

地震などで転倒した場合も同様で、安全装置により自動的に電源が切れるよう配慮されてはいるが、重量があるため、足などを挟むと怪我をするおそれがある。安定した場所で使用することが重要である。

破棄・回収には専門業者への依頼が必要

オイルヒーターを破棄・処分する場合、各自治体に依頼して粗大ごみとして処分するか、購入メーカーに回収を依頼するのが一般的であるが、オイルを含んでいるため、粗大ごみとして破棄できない自治体もある。

オイルヒーターの回収を行わない自治体では、購入したメーカーにオイルヒーター本体を引き取ってもらうと良い。自治体で回収できず、購入メーカーも回収ができない、または中古品で購入したため購入メーカーの回収が不能といった場合、不要品の回収業者に依頼するという廃棄方法も考えられる。

製造メーカーでは、オイルヒーター本体の部品を分解し、オイルや鉄板部分、基盤、樹脂をそれぞれリサイクルし、再生材として活用しており、破棄されたオイルヒーターの材料は、新たな部材として活用されている。

内部に充填されているオイルを路盤材やコンクリート剥離剤へ転用したり、本体を構成しているフィンやエレメントは、溶解して鉄として再生していると発表している。

オイルヒーターの効果的な使用方法

オイルヒーターの持つ利点である「高い静寂性」や「空気を汚さない」という性質、さらに「換気によって大きく暖房効果を失う」ということから判断して、オイルヒーターの用途は「寝室用の暖房器具」として使用するのが合理的である。

寝室での使用であれば、就寝中に冷気が大きく入ってくるような換気をすることも考えられず、リビングのような頻繁な人の出入りや、窓の開放もない。寝室の室面積が6~10帖程度であれば、オイルヒーターの性能を必要以上に大きくすることもない。

比較的狭い部屋であれば、オイルヒーターの運転によって室温が保たれたのちは、サーモスタットやタイマーで自動オフとすることで、電気代の増加もある程度抑えられる。

オイルヒーターの効果的な利用方法

オイルヒーターを使用する場合、設置場所や使用時間によって効率が大きく変化する。ここでは、効果的で節電につながり、快適な室空間を維持するためのオイルヒーター利用方法を紹介する。

寝室でのオイルヒーターの活用

寝室の暖房方式にはエアコンが多く使われている。エアコンの暖房を就寝時にオンにしていると、空気の乾燥で喉を痛めることがあり「エアコンを付けたまま寝るのは身体に悪い」と考えられている。

暖房や冷房の送風を身体に当て続けると、人体の体温調整機能がうまく働かず、体調不良になるともいわれている。オイルヒーターであれば、気流の発生がないため、大きな寒暖を感じることなく、肌の乾燥なども最小限に抑えられる。

ハロゲンヒーターやカーボンヒーターといった電気暖房は、布団やベッドへの着火事故が後を絶たないため、就寝時に使用することが禁止されている。寝返りを打った際に、毛布やタオルケットがヒーターに触れると、着火することがあり極めて危険である。

オイルヒーターは着火するような高温部分は存在せず、就寝中でも安心して使用できるという利点がある。

オイルヒーターが比較的低い温度とはいっても、90℃程度まで本体表面が加熱されている部分もあるので、布団の寝具が長時間接触していたり、肌が触れていると火傷につながるおそれがある。十分な距離を確保して使用するのが安心である。

すきま風を温めてエアカーテン化する

オイルヒーターは、外気が激しく入れ替わるような場所には向いておらず、外気によって室温が低くなると、オイルヒーターで再度部屋を暖めなければならず、消費電力はその分必要であり電気代に跳ね返る。

オイルヒーターを使用している部屋で積極的に換気をすると、暖気が外に逃げてしまい、再び室温が上がるまで長い時間を要する。消費電力もそれだけ大きくなり、電気代がさらに高くなるため注意が必要である。

オイルヒーターは、すきま風として冷気が侵入する窓の下に設置すると効果的である。冷気が常に侵入するような場所に設置すれば、オイルヒーター本体の暖気がエアカーテンの役割となり、室内への冷気侵入を防げる。

すきま風といった微小な冷気の流入には効果的であるが、出入口ドアの近くにオイルヒーターを設置すると、開閉のたびに暖気が外部に逃げてしまい、暖房効果が薄れてしまう。出入口の近くに設置するのは避けると良い。

窓の付近に設置する場合、カーテンがヒーター本体に重なることがないように、30cm以上の離隔を確保するよう配置すると良い。カーテンが加熱されて、発火するおそれがある。

オイルヒーターの消費電力と電気代

オイルヒーターは即暖性に乏しく、長期に渡って大きな消費電力を必要とする暖房器具である。オイルヒーターを使用する際に問題視されるのが、消費電力の大きさによる電気代の増加である。

オイルヒーターの消費電力は、一般的に1,000W以上であり、エアコンのように「室温が設定温度まで上昇したので送風運転にする」といった省エネルギー機能がほとんどなく、搭載している機種であっても、オイルヒーターの電源を弱めると暖房効果が低くなり、効果に乏しい。常にフル出力で運転するのが基本であり、極めて大きな消費電力を必要とする。

オイルヒーターの長時間の利用は、月々の電気料金に大きく影響する。オイルヒーターの導入によって「電気代が高くなった」という意見は大変多く、使い方の難しい暖房器具のひとつである。

消費電力1,000Wのオイルヒーターは、家庭の電気料金の単価を27円/kwhで計算した場合、1時間あたり27円の電気代となる。毎日10時間オイルヒーターを運転すると想定すれば、1日あたり270円の電気代が発生する。

消費電力1,000Wのオイルヒーターを30日間、毎日10時間運転すると仮定し、電気料金を計算する。

  • 270円/日×30日 = 8,100円

30日間、毎日10時間オイルヒーターを運転すると、8,000円もの電気代の増加となる試算となった。オイルヒーターの導入に関する口コミなどでは、電気代が4,000~5,000円ほど高くなったという意見も多く、使った分だけ電気代が高くなるのが問題視され、効果的な省エネ運転が見いだせないのが問題である。

オイルヒーターの省エネルギー運転による節電

サーモスタットなど、温度を検出する装置が搭載されている高機能オイルヒーターであれば「室温が上昇したら能力を下げる」といった機能が備わっており、自動で消費電力をある程度低減できる可能性があるが、オンオフタイマーのみのオイルヒーターでは、高い電気代に悩まされる。

オイルヒーターはその特性上、オイルへの加熱に必要な消費電力がそのまま電気代になる。オイルヒーターは室温を大きく変化させられる暖房器具ではないので、室温が安定している状態でも継続して加熱する必要があり、大きな消費電力が継続的に発生する。

タイマーによって不要な時間帯は電源をオフにし、温度上昇が十分であることをサーモスタットで検知し、能力を調整するという利用方法がであれば節電効果が高いが、通電を切ると暖房効果が弱くなり、寒さを感じることにつながるため、頻繁なオンオフは難しい。

サーモスタットによる自動温度制御が可能な製品であれば「電源を入れてから30分~1時間は、積極的に部屋を暖めるため大きな消費電力で運転」し「室温が高くなった時点で、50~60%まで出力を落とす」といった動作を自動で行うため、利用者の負担はそれほど大きくない。大きな消費電力でオイルヒーターに通電し続けるよりも省エネルギーである。

各種センサー類を搭載しているオイルヒーターは、本体価格が高価である。省エネ効果による電気代の低減が、センサーの搭載による本体価格の上昇と見合っているか、十分な検討が必要である。

オイルヒーターを接続するコンセントの注意点

オイルヒーターは大電流が流れる電気機器なので、コンセントの接続方法を間違えると、ブレーカーが落ちたり、発煙・発火といった事故につながる。

オイルヒーターを接続するコンセントとしてテーブルタップを選ばず、壁に設けられている建物用のコンセントを使用するのが原則である。テーブルタップは多数のコンセント差込口があるため、オイルヒーターを接続するだけで使用できる電流の上限となる。

単独回路のコンセントを使う

オイルヒーターは消費電力が大きく、最大出力では1,000W以上の消費電力を必要とする。分電盤のコンセント回路を、オイルヒーターだけで専有してしまうほど、大きな電流が流れる。

オイルヒーターに限らず、電気暖房器具は大きな消費電力を必要とする電気機器である。そのため、オイルヒーターを接続するコンセントは、他に電気機器を接続せず、単独で使用しなければならないと、本体の取扱説明書に記載されている。

オイルヒーターを接続するコンセントは単独とし、他の電気機器を接続してはならない。オイルヒーターをテーブルタップに接続して利用している場合、すぐにコンセントプラグを抜き、オイルヒーター単独で使用するよう見直すべきである。

オイルヒーターが接続されているコンセントに、それ以外の電気機器が接続されていると、ブレーカーが落ちたり、タップが異常発熱によって発火する危険性が高くなる。

タコ足配線をしない

1,200~1,500Wの消費電力を必要とする大容量なオイルヒーターは、ほかの電気機器が接続されていないコンセントを使用するのが原則である。他の複数の電気機器を接続することを前提としたテーブルタップを使用して、オイルヒーターに電源供給するのは厳禁である。

テーブルタップの本体にも記載されているが、タップのコンセントに接続できる電気機器の合計電流は15Aまでである。1,200Wや1,500Wのオイルヒーターは、電圧100Vの場合12~15Aの電流が流れるので、テーブルタップの上限となる電流値まで使い切ってしまう。

複数接続できるテーブルタップにオイルヒーターを接続した場合、空いた差込口には何も接続してはならない。

電気設備の知識と技術 > 電気の基礎知識 > オイルヒーターの基礎知識