VVFケーブル・VVRケーブル

電気設備の知識と技術 ロゴ

電気設備の知識と技術 > 電線・ケーブルの種類 > VVFケーブル・VVRケーブル

VVFケーブルとは

VVFケーブルとは、( Vinyl insulated Vinyl sheathed Flat-type cable )の頭文字をとったケーブルの名称であり、「600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形」のケーブルです。ビニル被覆の外側をビニルシースで覆っただけの単純構造です。VVFケーブルは低圧屋内配線で非常に多く使用される電線で、概ね15A程度までの照明・コンセント回路への電源供給用ケーブルとして普及しています。

2心・3心・4心の3種類が生産されており、2心と3心を主に使い分けて配線がなされます。場合によって単相2線式回路で3心ケーブルを使用し、1線を接地線として代用する場合もあります。単線のVVFケーブルは、1.6mm、2.0mm、2.6mmなどが生産されており、特に1.6mmと2.0mmのVVFケーブルが非常に広く使用されています。

VVFケーブルは平形のケーブルですが、丸形のケーブルもあり、VVRケーブルとして普及しています。屋内専用配線で使用される場合がありますが、CVケーブルが安価で使いやすいため、VVRケーブルの採用は、あまり多くないと考えられます。

VVFケーブルは、ホームセンターでも簡単に購入することができるため、DIYなどで必要になった場合でも、容易に手に入れることが可能です。

VVFケーブルの色分け

VVFケーブルの色は、グレーだけではなく赤・青・黄色など各種カラーがあります。一般的にはグレーが採用されていますが、例えば保安電源を持つ施設の場合、一般回路はグレーのケーブルとし、保安・非常回路は黄色や赤のケーブルとすれば、電源種別の間違いの改善、改修工事が容易になるなどの利点があります。

他に商業施設などでは、本工事のVVFケーブルをグレーにし、テナントのVVFケーブルをカラーケーブルにすれば、間違えて本工事側のケーブルを切ったり、つなぎ間違えたりというリスクを減少させることができます。

接地線用としてVVFケーブルの内、1本を使用する場合、緑色線入りシースのVVFケーブルを使用すると、用途が明確になり、接続間違いなどのリスクを軽減することができます。

VVFケーブルの接続と敷設方法

従来から、VVFケーブルの接続はリングスリーブを使用した圧着接続を行っています。最近では差し込みコネクタなども使用されるようになっていますが、確実な接触を求めるならリングスリーブを使用するべきと考えられます。

差し込みコネクタでの接続では、差し込んだVVFケーブルが引っ張られたり、差し込み不良があったりすると、接触不良による発熱が発生しての火災事故原因になります。一部デベロッパー(不動産会社等)によっては、差し込みコネクター全面禁止という徹底した管理をしている場合もあります。差し込みコネクタでの施工は簡単なので良く使われますが、使用することができない現場もありますので、施工要領は十分に確認してもらうようにしましょう。

VVFケーブルは、天井裏に転がし配線で敷設されることが多いです。何十本ものVVFケーブルが敷設されるため、多くのケーブルを束ねて結束したくなるのですが、あまりに多くのケーブルを束ねてしまうと、放熱性が悪くなり、許容電流の低下を引き起こします。内部に閉じ込められたケーブルの発熱により、発火するおそれがあります。

VVFケーブルの放熱を妨げない本数として、5本から7本が一般的ですが、施工に際しては施工要領書を作成し、現地確認も確実に行う必要があります。束ねる本数が8本や10本になった場合に、即発火するような性質のものではありませんが、万一発火事故などが発生した場合、責任問題となりますので、束ね過ぎは禁物です。

天井内にVVFケーブルを敷設する場合、整線のためなどで、束ねたVVFケーブルをビニルテープで巻かれている場合が見受けられますが、ビニルテープは使用しないのが原則です。ビニルテープは耐久性に乏しく、2年から3年でテープが切れたり破れたりします。必ずバインド線やインシュロックを使用し、強固かつ耐久性のある固定方法を採用しましょう。同様に、VVFケーブルをLGSにビニルテープ巻きするという方法も、禁止とするべきです。

VVFケーブルの寿命と使用場所の規制

VVFケーブルは、屋内で使用され、許容電流を超過しない安全な使用方法をしていれば、20年から30年の寿命を持っています。しかし、適していない使用場所に敷設したり、許容電流を超過する電流を流したりすると、寿命が著しく減少することになります。

VVFケーブルは原則として、屋内専用ケーブルとして使用します。ビニル絶縁ケーブルは直射日光に弱いため、数年で被覆が割れ、内部への水の浸透などにより絶縁の劣化を引き起こしてしまいます。VVFケーブルを屋外で使用する場合は、電線管に収容するなどして直射日光を避ける必要があります。

ケーブルが寿命に至った場合、突然ケーブルが燃えるわけではありません。ケーブルの絶縁抵抗測定などを実施し、ケーブルそのものの絶縁性能が失われたことが確認できれば、それがケーブルの寿命となります。長期間、絶縁測定を実施せず、寿命を迎えたケーブルを使用すると、何かのきっかけで造営材への漏電が発生したり、漏電部分から火災が発生したりしますので、定期点検を専門家に依頼することも大切です。

VVRケーブルの概要

VVRケーブルは、( Vinyl insulated Vinyl sheathed Round-type cable )の頭文字をとったケーブルの名称であり、「600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形」のケーブルです。ビニル絶縁体の外側をビニルシースで覆った構造をしており、VVFとほぼ変わりません。ただし、VVRケーブルは、丸型形状とするため内部に介在物が入っており、ケーブルの被覆を剥く場合は介在物の処理をする必要があります。

VVFケーブルと違い、丸型形状をしており、100sqや150sqなど、径の大きな製品が販売されています。ただし、CVケーブルやCVTケーブルと比べて許容電流値や耐久性に乏しいため、電気設備の設計においては、ほとんどの場合CVケーブルが採用されますので、VVRケーブルを使用することはあまりありません。

エコケーブルの概要

エコケーブルはVVFケーブルと同じ形状をしていますが、燃焼時にハロゲン系ガスやダイオキシンを発生させないという特徴があります。VVFケーブルと較べて耐熱性能が高いため、許容電流を若干ですが大きく取ることがてきます。被覆に耐熱性を持たせるなどの対策がされているため、被覆が固く、被覆剥きが若干困難になっています。

また、燃焼時に発生する煙の量が、従来のVVFケーブルと比べて1/3程度まで軽減されており、火災時の避難においても、従来の火災に比べて容易になる特長があります。

スポンサーリンク

カテゴリー

9月度ランキング

スポンサーリンク

広告