電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 わ > ワイヤゲージ

ワイヤゲージ

主にアメリカで使用されている電線規格のひとつで「A.W.G.(米国標準ワイヤゲージまたはアメリカンワイヤゲージ : American Wire Gauge)」と呼ばれる。数字が小さいほど断面積が大きい。

A.W.G.による線番5 = 直径4.621mm、線番10 = 直径2.588mm というように、数字が大きいほど直径が小さくなり、断面積も小さくなる。日本以外でのゲージによる基準はインチを基本としている。

日本国内では「スケア(sq)」と呼ばれる「断面積」を表現するのが一般的であり、A.W.G.表現された数値を断面積に換算して用いている。近似値は下記の通りである。

A.W.G.によって「線番0」よりも小さい数値(太いサイズ)を表現する場合「00(2/0)」「000(3/0)」「0000(4/0)」というように記載している。

アメリカンワイヤゲージのほか「S.W.G.(英国標準ワイヤゲージまたはインペリアルワイヤゲージ : British Imperial Standard Wire Gage)」「B.W.G.(バーミンガムワイヤゲージ : Birmingham Wire Gage)」が規定されている。

カテゴリー