電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 わ > ワードレオナード制御

ワードレオナード制御

設置する直流電動機ごとに、三相誘導電動機で駆動する直流発電機を設け、直流発電機の電圧を変化させることで速度制御する方式。

1970年代から普及した制御方式であり、高度かつ精密な回転制御を行えるためクレーンや高速エレベーターなど、電動機の高度な速度制御品質が求められる用途に適しているが、設備費は高価であった。

可変な直流電源を用いて速度制御する方式は総じて「レオナード」と呼ばれており、これを応用したワードレオナード方式のほか、回転機械を省略してメンテナンスを容易にした「静止レオナード方式」が開発され、さらには直流発電機をサイリスタに置き換え、交流を直流に変換することでコストを低減させつつも、より高度な速度制御が可能な「サイリスタレオナード」まで進化した。

現在では、インバーターを用いた可変電圧可変周波数(VVVF)による駆動装置に重ねて、制御には電動機の駆動に特化したCPUを組み合わせることで、機器の小型化、制御の高度化、省エネルギー性の追求が行われている。

カテゴリー