特別高圧

サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 特別高圧

 Tweet  Blueskyのアイコン

特別高圧

電気設備技術基準で定められた電圧種別のうち、7,000Vを超えるもの。直流と交流の区別はなく、どちらの電源であっても7,000Vを超える場合は特別高圧として分類される。省略し「特高(とっこう)」とも呼ばれる。送電線路で採用されている35kVや60kV、超高圧である170kVなども全て、7,000Vを超えるため「特別高圧」に分類される。

電力会社の供給メニューとして、20kV供給と60kV供給が代表的な電圧区分として用意されている。低圧や高圧よりも設備面積が広く必要で、受電までの協議やコストも高価かつ、維持管理費も膨大となるが、従量料金は最も安価に設定されている。力率によって割引・割増を受けるのは高圧メニューと同様である。

20kV供給であれば、第三種電気主任技術者による維持管理・運用が可能だが、60kV供給では50,000V超過となるため第二種電気主任技術者でなければ維持管理・運用を行えない。第二種電気主任技術者は取得している絶対数が少ないため、早期に手配が必要となる。

特別高圧の電線路は安全に対して、厳しい規制が定められている。埋設等にて建物に供給されている特別高圧電線路は絶縁電線(CVケーブル)が用いられているが、架空送電線路では重量の増大を避けるため、かつ電圧が極めて高いために絶縁を施すことが合理的ではないため、表面は絶縁されていないことが多い。「鋼心アルミより線」や「裸硬銅より線」などをがいしにて受けて敷設されている。

絶縁されていない電線は、大地に接触することで地絡を引き起こすことになるが、がいしによって大地から絶縁されているため常時利用中は特段の問題は発生しない。しかし、直接接触していなくても、絶縁破壊による空中放電により短絡や地絡発生のおそれがあるため、災害発生防止対策として「離隔距離」が電気設備技術基準などで定められている。

新着情報

2024.02.25 光ダクト

2024.02.25 片端接地

2024.02.23 スコット変圧器

2024.02.20 配線ダクト

2024.02.19 感震ブレーカー

2024.02.17 マルチメディアコンセント

2024.02.15 アンチパスバック

2024.02.15 DINレール

2024.02.15 オープン変電所

2024.02.13 スマート照明

2024.02.13 USB PD

2024.02.13 テレビコンセント

2024.02.12 アンダーカーペット配線

2024.02.10 パイプベンダー

2024.02.10 フロアダクト

2024.02.08 セルラダクト

2024.02.06 住宅用引込柱

2024.02.03 CTD(コンデンサ引外し装置)

 
エアコン室外機の写真
電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
風力発電の写真
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
ライティングレールに取り付けられたスポットライトの写真
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
分電盤の測定写真
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
設備時計の写真
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
ボックスに収容されたケーブルの写真
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
辞書を見る人の写真
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
柱上に取り付けられた変圧器と電線の写真
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
誘導標識の写真
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
机の上に置かれた辞書の写真
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
自然をイメージした植栽の写真
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。

Copyright © 2009-2024 電気設備の知識と技術 All rights reserved.

JPRSにより、証明書に記載のドメイン名( https://electric-facilities.jp )の利用権を有することが証明されています。