特別高圧

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 と > 特別高圧

特別高圧

スポンサーリンク

電気設備技術基準で定められた電圧種別のうち、7,000Vを超えるもの。直流と交流の区別はなく、どちらの電源であっても7,000Vを超える場合は特別高圧として分類される。省略し「特高(とっこう)」とも呼ばれる。送電線路におりる35kVや60kV、超高圧である170kVなども全て、7,000Vを超えるため「特別高圧」に分類される。

電力会社の供給メニューとして、20kV供給と60kV供給が標準として用意されている。低圧や高圧よりも設備費が高価で維持管理費も膨大となるが、従量料金が安く設定されている。力率によって割引・割増を受けるのは高圧メニューと同様である。

20kV供給であれば、第三種電気主任技術者による維持管理・運用が可能だが、60kV供給では50,000V超過となるため第二種電気主任技術者でなければ維持管理・運用を行えない。

特別高圧の電線路は安全に対して、厳しい規制が定められている。電圧が極めて高いため、特別高圧送電線路では導体に絶縁を施すことが困難で、表面は絶縁されていないことが多い。

直接接触していなくても、絶縁破壊による空中放電発生のおそれがあるため、感電災害の防止対策としての「離隔距離」が定められている。

カテゴリー

スポンサーリンク