電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 と > 銅損

銅損

導体の抵抗によって消費される電力損失で、負荷電流の二乗に比例して大きくなり、失われたエネルギーは熱となる。銅損は負荷損とも呼ばれ、負荷電流の大小によって損失が変化するという特徴がある。

電動機ではトルクの大きな低速域など、電流が大きくなる状態での銅損が大きい。変圧器では負荷電流が大きいほど、漏れ磁束による表皮効果により抵抗が増大し、銅損が大きくなる。

電動機や変圧器の設計・選定では、効率低下の大きな要素のひとつとされている。変圧器はトップランナー基準などで高効率化が進んでいるが、材料の高効率化で改善されるのは多くが無負荷損(鉄損)であり、負荷損である銅損は巻線の導電率向上が必要となるため、巻線材料をアルミニウムではなく銅とすることで銅損低減が進められている。

カテゴリー