電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ち > 蓄積機能

蓄積機能

受信機と感知器に持たせられる機能のひとつで、一過性の煙の発生では感知器を即時作動させず、一定時間の継続があってから警報を発信するもの。受信機の内部機能のひとつとして組み込まれている。

非火災報の確率を減らし、自動火災報知設備の信頼性を高める機能として、広く普及している。感知器の蓄積時間は「5秒を超え60秒以内」と定められており、公称蓄積時間は「10秒以上60秒以内」とされている。

火災ではないのに感知器が発報してしまうことを非火災報と呼ぶ。煙感知器は煙を検出し、早期のか再発見に役立つ感知器のひとつだが、調理やたばこによる煙、車両から出る排気ガスでも火災と誤認することがあるため、非火災報を防止するための蓄積機能によって「一過性の煙であるか」を判断する。

蓄積機能が働いている途中で、さらなる火災信号が入力された場合、または発信機が押下された場合は、蓄積機能が解除され即座に火災信号が送信される。なお二信号式受信機と呼ばれる「ひとつの警戒区域内で、ふたつの火災信号を受信した際に火災表示す方式」で警戒している警戒区域内では、蓄積機能を設けてはならないと定められているため注意を要する。

カテゴリー