電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 て > 低内圧ハロゲン球

低内圧ハロゲン球

ガラスグローブ内部にハロゲン元素やハロゲン化合物を充填し、フィラメントの消耗を抑制したハロゲン電球。ガラス内圧を低く抑えることにより安全性が向上し、保護ガラスを省略できるため小型化が可能とされている。電圧は12Vであり、回路にトランスを組み込んで電源供給する。ランプ出力は10W、20W、35W、50Wなどが製品化されている。

定格寿命は3,000時間だが、ロングライフ対応のトランスを使用することで、6,000~9,000時間まで寿命を延長することが可能である。かつ調光が可能で輝度が高いため、商業施設などで使用されていたランプのひとつである。

形状は片口金式でEZ10(ねじ込み)とG5.3(ピン)の2形状が多く、50~75Wの小型ランプを用いたスポットライトやダウンライト器具として製品化されている。小型形状の器具を製作できるため、ディスプレイライトとしても利用されている。赤外線反射膜などを塗布し、さらに高効率化を測った製品なども実用化されていた。

近年はLED光源の小型化・高性能化が進んでおり、新規物件における採用実績は少なく置き換えが進められている。ハロゲン電球の種類や使用場所、品番の読み方についてはハロゲン電球の種類と特徴を参照。

カテゴリー