サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > タイトラキャップ

タイトラキャップ

タイトラキャップとはトラッキング防止用に用いられるコンセントプラグに付属した安全キャップである。差込プラグの刃の根元を絶縁することで、ほこりがコンセントのソケットとプラグの隙間に堆積しても、充電部分が保護されているためトラッキング状態に進行せず、火災を防止することができる。

トラッキングに進行しない状態ではあるものの、隙間にほこりが蓄積した状態を継続させるのは好ましい状態ではなく、定期的な清掃は実施すべきである。コンセントが衝撃や引っ掛けによって抜けかけの状態になってしまった場合、タイトラキャップを超えてトラッキングを起こしてしまう可能性もある。

特に、冷蔵庫の背面、テレビの背面、タンスなど収納の背面にあるコンセントなどは清掃が行き届かなく、トラッキング火災の発生しやすい箇所となっている。冷蔵庫の背面は特に環境が過酷であり、湿度が高く油脂分が付着しやすいため、ほこりが粘着質となり導通状態になりやすい。冷蔵庫は移動させることも難しく、コンセントを隠してしまうと清掃することができなくなる。

タイトラキャップ付きコンセントプラグの拡大写真

トラッキング減少とは

トラッキング現象とは、コンセントに差しっぱなしの電源プラグの刃にほこりが付着し、これが電気回路と接触することで発生するショート現象のひとつである。ショートによりプラグ部分が異常発熱し、ほこりやコード部分が燃え上って火災につながるおそれがある。

タイトラキャップは、トラッキング現象を未然に防ぐために開発されており、タイトラキャップをプラグの刃に装着することで、刃の根元が絶縁され、隙間にほこりが侵入しても電気回路に接触することがなくなるため安全性を高めることができる。家電製品一体のプラグにあっては、タイトラキャップ付きとしているメーカーも数多いがユーザーがキャップを取り付けることも可能となっている。

タイトラキャップをユーザーが自ら取り付ける場合、プラグの刃の汚れを事前にしっかり落とし、根元に接着剤を塗布し、ゆるみや隙間が発生しないよう押し込んで密着させることが重要である。隙間があってはトラッキング防止を図ることができない。

 
カテゴリー
エアコン室外機の写真
電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
風力発電の写真
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
ライティングレールに取り付けられたスポットライトの写真
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
分電盤の測定写真
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
設備時計の写真
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
ボックスに収容されたケーブルの写真
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
辞書を見る人の写真
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
柱上に取り付けられた変圧器と電線の写真
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
誘導標識の写真
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
机の上に置かれた辞書の写真
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
自然をイメージした植栽の写真
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。