ダブルスロー(DT)

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 た > ダブルスロー(DT)

ダブルスロー(DT)

複数系統の一時電源が供給される場合に用いる、供給元の電源を切り替えるための切替装置のひとつ。一般的に、電力会社から供給を受ける「商用電源」と、非常用発電機から供給される「非常用電源」の切替を行うのに用いられる。

配線用遮断器を並列に設置しても同じ系統が構築できるが、ダブルスローを用いることで、両系統の同時閉路を防止できる。電力会社への電源系統に、非常用発電機からの電源が行われると事故の原因となるため、ダブルスローを用いることで安全性を高めるのが良い。

ダブルスローは負荷電流が流れた状態での切り替えが可能だが、無瞬断による切り替えはできない。切り替えの瞬間に停電状態となるため、PCや制御装置などはUPSといった無停電電源装置で保護しなければならない。

やむを得ず、ダブルスローを用いずに配線用遮断器を複数並列させて回路構築する場合、投入防止バーなどを用いてメカニカルインターロックを組み、両方のブレーカーが同時に投入されないように配慮すべきである。

カテゴリー