住宅用引込柱

サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 住宅用引込柱

 Tweet  Blueskyのアイコン

住宅用引込柱

特に戸建住宅の庭先に設けることが多い、建物への電線引込柱のひとつ。外壁に電線を支持して引き込むのが基本だが、自立柱を設けることで引込電線を整理し、すっきりとした外観を維持することができる。

強電線の引込にあわせて、電話やインターネット用の光ケーブルも同時に引き込むことができ、検針用のメーター盤や引込開閉器盤の機能も兼ねることができるため、美観の向上につながるだけでなく、検針員の点検も容易になる。住宅用引込柱は建物側の資産であり、電力会社に対して引込柱で受電することを伝えれば、外壁支持ではなく引込柱支持にて受電することができる。

高機能な引込柱を選定すれば、テレビアンテナ・監視カメラなども同時支持可能で、建物の外壁や屋根上に煩雑に取り付けられてしまう各種設備を、すべてまとめることもできる。

引込柱に取り付けられた引込開閉器盤の写真

戸建住宅では引込電線を8~14sqで選定することが多いが、アパートなど複数の住戸が存在する集合住宅では38sqや60sq、100sqといった太い電線で引き込む事が多く、給水ポンプなど動力電源も同時に引き込むことになる。その場合は強度の高い引込柱を選定しなければ、折れてしまうといった事故につながるため注意を要する。なお多数の住戸が存在する場合、ポールに引込開閉器盤を支持することが難しいため、引込柱はポールのみとなる。

ポールは屋外に設置することになるため、高い耐候性が求められる。塩害地域にあっては耐塩性能も考慮しなければならず、腐食しないように施工上の配慮も行わなければならない。鋼管素地に亜鉛メッキを施し、表面にポリエステル粉体塗装を施すのが一般的な仕様だが、溶融亜鉛めっき仕上げや、特殊合金として耐候性をさらに高めるといった配慮をすべきである。

ポール足元の腐食が最も著しいため、根巻きコンクリートで足元を固め、土壌に直接接しないように施工すると耐候性が高まる。被覆が割れていたり、剥がれている部分があると一気に腐食が進行してしまい、腐食が進行すると強度が確保できなくなり、電線張力に耐えられなくなってしまうため、定期的なメンテナンスを行い倒壊を防止しなければならない。

新着情報

2024.02.25 光ダクト

2024.02.25 片端接地

2024.02.23 スコット変圧器

2024.02.20 配線ダクト

2024.02.19 感震ブレーカー

2024.02.17 マルチメディアコンセント

2024.02.15 アンチパスバック

2024.02.15 DINレール

2024.02.15 オープン変電所

2024.02.13 スマート照明

2024.02.13 USB PD

2024.02.13 テレビコンセント

2024.02.12 アンダーカーペット配線

2024.02.10 パイプベンダー

2024.02.10 フロアダクト

2024.02.08 セルラダクト

2024.02.06 住宅用引込柱

2024.02.03 CTD(コンデンサ引外し装置)

 
エアコン室外機の写真
電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
風力発電の写真
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
ライティングレールに取り付けられたスポットライトの写真
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
分電盤の測定写真
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
設備時計の写真
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
ボックスに収容されたケーブルの写真
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
辞書を見る人の写真
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
柱上に取り付けられた変圧器と電線の写真
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
誘導標識の写真
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
机の上に置かれた辞書の写真
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
自然をイメージした植栽の写真
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。

Copyright © 2009-2024 電気設備の知識と技術 All rights reserved.

JPRSにより、証明書に記載のドメイン名( https://electric-facilities.jp )の利用権を有することが証明されています。