電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 り > リチウムイオン電池

リチウムイオン電池

リチウムイオンが正極から陰極へ移動する反応を利用した電池で、小型精密機器や通信機器の電源用電池として幅広く普及している。近年では設備用蓄電池にリチウムイオン蓄電池の採用される例も多い。

正極にリチウム金属酸化物、負極にグラファイトを用いており、エネルギー密度が高く寿命が長いため、携帯電話やノートパソコンの内蔵電池として活用されている。

蓄電池は、浅い充電を繰り返すと「メモリー効果」と呼ばれる電池の性能劣化が発生するが、リチウムイオン電池はこのメモリー効果が現れないため、頻繁な充放電に対しても性能の劣化が少ないとされている。リチウムイオン電池の詳細についてはリチウムイオン電池の特徴と仕組みを参照。

カテゴリー