ラッシングロッド

サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > ラッシングロッド

ラジアスクランプ

ラッシングロッドは、主に電力ケーブルを支えるための金属製の螺旋状ワイヤーロッドである。吊り施工を行うケーブルを保持し固定するために用いる電気設備資材のひとつである。

本体は亜鉛めっき硬鋼線で作られ、防蝕のため塩ビ樹脂にて被覆が施されている。メッセンジャーワイヤーとともにケーブルを吊りながら長距離敷設が可能となる。

ワイヤーロープやチェーンなどと組み合わせて使用し、電力ケーブルをポール間、造営材(建築物)、などの支持構造物に固定することができる。また複数の電力ケーブルを束ねるためにも使用される。

ラッシングロッドの主な機能は、通信ケーブルや電力ケーブルを架空支持固定することである。このワイヤーロッドは、電柱間など電力網の構築にて幅広く使用されている。送電線、配電線、需要家内のケーブルなど場所に限定せず利用されている。

ラッシングロッドの利点は、非常に強力で、耐久性があることである。比較的安価に配線網を構築できることも利点の一つである。さらに、設置と取り外しが簡単で、雨などで濡れても容易に乾燥されるため腐食しにくい。

ラッシングロッドの敷設写真

ラッシングロッドの選定計算

ラッシングロッドは、メッセンジャーワイヤーとケーブルを同時に巻き込めるサイズを選定しなければならない。メッセンジャーワイヤーの外径と、吊架するケーブル本体の外径を足し、その数値よりも大きなサイズを選定する必要がある。

CVケーブル22sq、メッセンジャーワイヤー8sqにラッシングロッドを取り付ける場合、外径は23.1 + 3.6 = 26.7mm となるので、27mm以上のラッシングロッドを選定すると良い。ただし外形サイズと同じサイズとすると、メッセンジャーワイヤーとケーブルが巻ききれないおそれがあるため、わずかに大きなサイズを選定するのが望ましい。

CVTケーブルは3線撚り線となっているため、メッセンジャーワイヤーを隙間に入れ込むことが可能で、CVケーブルよりも小さな径でラッシングロッドを巻くことが可能である。

 
カテゴリー
エアコン室外機の写真
電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
風力発電の写真
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
ライティングレールに取り付けられたスポットライトの写真
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
分電盤の測定写真
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
設備時計の写真
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
ボックスに収容されたケーブルの写真
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
辞書を見る人の写真
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
柱上に取り付けられた変圧器と電線の写真
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
誘導標識の写真
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
机の上に置かれた辞書の写真
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
自然をイメージした植栽の写真
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。