雷サージ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ら > 雷サージ

雷サージ

雷撃によって生じる非常に高い異常電圧。雷サージは、落雷直後に発生する大電圧と過渡的な大電流の総称であり、極めて大きな電圧と電流により電気機器の絶縁破壊を引き起こす。

絶縁破壊に至らずとも、電子機器の誤動作や故障、性能の劣化などを引き起こすことがある。雷サージは発生点に近接している電線や建築物の金属体を伝搬し、これに接続されている電気機器に異常電圧を与える。

雷サージによる被害を完全に予防することは困難であり、直撃雷から電気機器を保護することは、現在の技術レベルでは不可能とされている。雷サージによる被害を軽減するための措置として、接続する電線、支持架台、建築物などをすべて接続し電位を一定に保つ「等電位ボンディング」や、雷サージが電気機器に到達しないよう大地に逃す「SPD(サージ防護デバイス)」による雷保護設備の採用が求められる。

カテゴリー