温度ヒューズ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 お > 温度ヒューズ

温度ヒューズ

電気機器の内部温度が上昇し、所定の温度を超過すると溶断する導体金属片。過電流保護装置としても使用でき、非常に小さな形状のため、電気機内への組込まれる事例が多い。

温度ヒューズは抵抗値が非常に小さく、通常時は電線として機能する。適正に選定されている温度ヒューズであれば、電流が流れても劣化することはない。

主に、電気回路のショートなどで過電流が発生した際に、電路の発熱を検出して電路を切り離すために装着する。電路ショートによる電路保護には、サーモスタットを動作させて一時的に電路を遮断し、温度が低下すると自動復帰するというシステムを構築することが多いが、サーモスタットが故障した場合は、異常温度の原因を取り除けない。

状態が継続すると火災事故につながるため、温度ヒューズの金属片を溶断して電路を強制遮断する。温度ヒューズは内部導体を溶かして物理的に切り離す方式のため、サーモスタットのように再利用できない。

温度ヒューズそのものを交換しなければ、その電気機器を使うことができなくなるため、電路保護の「最後の安全装置」として位置付けられる。

一般家電でも、熱を扱うヘアドライヤー、アイロン、加湿器に温度ヒューズが内蔵されており、内部故障やショートで温度ヒューズが溶断した場合、その電気機器は使用不可能となる。

通常、家電製品はユーザーがヒューズを交換できる構造にはなっておらず、破棄するか、修理扱いとしてメーカーに送付してヒューズを再挿入しなければならない。

カテゴリー