虫除けランプ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 む > 虫除けランプ

虫除けランプ

虫の走光性の原因となる500nm以下の波長の光を遮ったランプ。防虫性能が高く、夜間でも照明を点灯させなければならない「自動販売機」「商業施設等の荷捌き場」といった場所のほか、果樹園など害虫を寄せ付けたくない場所で使用される事例が多い。

より効果的な防虫照明を計画する場合、水銀灯など虫を多く寄せる照明器具を実害のない範囲で近くに設置し、虫を引き寄せるという手法も考えられる。

500nm以下の波長をカットした照明は、特徴的な黄色に発光するため、意匠性を求める場所での使用には適していない。照射対象物本来の色を表現することはできず、全て黄色で表現されるため検品を行う場所での採用は避けるべきである。

紫外線吸収膜で表面を覆った蛍光灯は、一般の蛍光灯よりも高い虫除け効果があり、一般の蛍光灯同様に白色や昼白色の光を放つが、防虫性能はイエローランプに及ばないため注意を要する。

近年広く普及が進んでいるLED照明は、蛍光灯よりも虫除け効果があるとされているが、紫外線吸収膜付き蛍光灯同様に、イエローランプほどの効果は望めない。

カテゴリー