サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 無影灯(手術灯)

無影灯(手術灯)

手術室で使用する専用照明器具で、20,000lx以上の照度を確保でき、手や医療器具をかざしても照射対象に影が発生しないよう、多数の電球が取り付けられている。照射対象に熱を与えないような放熱機構を備えている。高い照度だけでなく、照射対象の本来の色みを再現できるよう、高い演色性が維持されている。

手術の方式によって光の位置を調整する必要があるため、無影灯本体を手術台に近い位置まで上下、左右に移動させられる。

無影灯は手術灯とも呼ばれ、自然光と同様の演色性を得るためにハロゲン電球の白熱電球が使用されてきたが、近年のLED照明の演色性の向上に伴い、LED化が進められている。LEDを使用した無影灯では、効率を最大限まで高めるため、単色のLEDを多数配置することで無色の光を再現するよう設計されている製品があり、無影灯本体を見ると赤や青に発光するLED素子を見られる。

近年の手術灯は、照度100,000lx以上、演色評価数95以上、色温度変更機能付きといった高い性能が求められるようになっているが、LED光源の高性能化により専用の無影灯が開発され、実用化されている。

無影灯をLED化することにより、ハロゲン電球特有のランプ寿命の短さや、ランプから放射される熱の問題が解消される。LED光源の熱は照射面ではなく背面に多く発生することから、照射対象となる患者への負担が軽減される。LED光源は色温度や照度の変更(調光)が容易であり、快適な手術環境を得ることが可能とされている。

従来から使用されているハロゲン電球は寿命が短く1年程度でランプ交換が必要となるが、LEDは8~10年という長寿命により、ランニングコストの低減を図ることが可能である。消費電力も大きく削減可能である。

 
カテゴリー
エアコン室外機の写真
電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
風力発電の写真
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
ライティングレールに取り付けられたスポットライトの写真
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
分電盤の測定写真
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
設備時計の写真
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
ボックスに収容されたケーブルの写真
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
辞書を見る人の写真
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
柱上に取り付けられた変圧器と電線の写真
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
誘導標識の写真
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
机の上に置かれた辞書の写真
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
自然をイメージした植栽の写真
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。