クランプメーター

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 く > クランプメーター

クランプメーター

通電したままの状態で、交流回路の電流を測定できる測定器。電流が流れる電線に発生する「磁界」を計測して、電流値として表示する。負荷電流を測定するための機種と、漏れ電流を測定するための機種がある。

電流を測定する場合、回路を切断して計測器を直列接続しなければならないが、クランプメーターで測定する場合、回路を切断することなく、通電中の電線にセンサーを挟み込むだけで電流測定できる。

停電を伴うことなく、活線状態で測定器を使用できるため、設備管理における電流測定に広く使用されている。変流器を内蔵して測定するクランプメーターは、交流専用のため直流電流の測定はできない。

電流を測定するためには、電路を構成する電線の1本を挟み込まなければならない。ケーブルやコードに流れる電流を計測する場合、複数本まとめてクランプしても、電線に発生する磁界が打ち消しあってしまい、数値がゼロとなり測定できない。

漏れ電流を計測する場合は、複数本を同時に挟み込み、打ち消しあった磁界の差を計測する。

クランプメーターの測定方式には「真の実効値」と「平均値整流」の二種類がある。電力会社から送電されるような正弦波の測定であれば、どちらの方式であっても違いはないが、インバーターなどを介した電流波形など、歪みのある電流の測定をおこなう場合は「真の実効値」方式のクランプメーターを使わなければ、大きな測定誤差を生む。

通常、分電盤など、ケーブルの被覆を剥き、内部の電線が露出している部分で測定を行う。大型のクランプメーターでは、隣接する他相の電線と干渉して電線が挟み込めないことがあるので、クランプメーターの選定には注意を要する。

電線を挟み込む場合、電線がクランプセンサーの中央部に位置するよう調節することで、測定誤差が小さくなる。クランプメーター毎に、測定が可能なケーブルサイズが定められており、測定範囲外のケーブル測定をしてはならない。

カテゴリー