計器用変圧器

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 け > 計器用変圧器

計器用変圧器

高電圧回路の計測を行う場合に、高電圧を直接計測するのは計測機器への負担が大きいため、高圧から低圧に変換するために使用する計器用の変圧器。VT(Voltage Transformer)と表現する。PT(Potential Transformer)と表現される場合もある。

測定対象電圧を高電圧のまま計器や継電器に印加するのは、測定機器の絶縁性能を高める必要があり不合理である。計器や継電器においては、取り扱いの容易な低圧に変換して、倍率を掛けて測定するのが一般的である。

二次側端子間に接続できる負荷は小さく、15VA、50VA、100VA、200VAが一般的である。定格負担以上の負荷は測定結果に誤差を生じるため、余裕のある選定が必要となる。

温度上昇が限界値となる負荷容量を「制限負荷」しており、制限負荷以上の負荷を接続すると、異常発熱による焼損を引き起こすため注意が必要。

カテゴリー