電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ふ > フロートスイッチ

フロートスイッチ

液体の液面上下によるフロートの位置に接点を開閉するスイッチ。排水用ポンプの制御に用いられ、複数のフロートを組み合わせて「満水」「平常状態」「減水」「渇水」を判別できる。

フロートスイッチを組み合わせた自動制御により、排水槽が満水時に警報を発信しつつポンプを全開運転したり、減水・渇水時に自動でポンプを停止させ、ポンプ空回り焼損を防ぐなど、その用途は幅広い。

フロートを用いたポンプの自動制御運転と警報発信は、電気工事と機械工事の区分に注意を要する。ポンプ運転用フロートと水位検出用フロートは別系統が基本であり、兼用するのは困難である。

自動制御を伴うポンプ運転は機械工事、水位警報は電気工事という区分が多いが、一括して電気工事で行うのも一般的であり、設計者同士の調整が欠かせない。

カテゴリー