ボタン電池(コイン電池)

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ほ > ボタン電池(コイン電池)

ボタン電池(コイン電池)

スポンサーリンク

カメラや電卓、電子機器の基盤などに装着して使用するボタン型の電池で、薄いものはコイン電池とも呼ばれることがあるが、基本的に同じものである。乾電池と比較して非常に小さく、持ち運びのできる小型の電気機器にも広く用いられている。

充電ができない一次電池として流通しているものが多く、充電の可能な二次電池は、一般用としての流通は少ない。

ボタン電池の種類

ボタン電池にはリチウム、アルカリ、マンガン、酸化銀など多くの種類がある。EU電池指令により、水銀・角見運・鉛は環境負荷が高いため、その使用が制限されている。最も多く流通している「LR44」はアルカリボタン電池であり、アルカリ液は皮膚などに接触すると怪我を引き起こす。

ボタン電池使用時の注意点

ボタン電池を破棄する場合、正極と負極が露出しないよう、セロテープなど絶縁性のテープを表面に巻き付けておくことで、ショートによる破損や着火を防止できる。ボタン電池を破棄する場合、そのまま家庭ごみとして捨てることはせず、ホームセンターや家電量販店などで回収してもらうと良い。

ボタン電池の表面が正極、裏面が負極となっており、表裏がショートすると異常加熱により破損することがある。特に、使い終えたボタン電池をまとめてケースなどに入れて保管すると、正極と負極がショート状態となり、破裂するといった事故につながる。

ボタン電池の電圧測定のためにアナログテスターを用いると、ショートにより使用不可になるおそれがあるため注意を要する。

乾電池と同様、新旧の電池を混在して使用したり、種類の違う電池を混合して使用するのは禁じられている。また、使い切った電池をそのまま電気機器の中に入れたままにするのも、故障の原因となるため避けなければならない。形状と厚さが類似している製品では、指定以外の電池であっても機器に装着可能なことがあるが、保証されていない使い方となるため避けるべきである。

カテゴリー

スポンサーリンク