引込開閉器盤

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ひ > 引込開閉器盤

引込開閉器盤

スポンサーリンク

電力会社から低圧で受電する場合に、引込点の最初に設置する盤。開閉器や電力量計(WHM)を収容し、この盤内を電力会社との責任分界点とすることが多い。分岐用の開閉器には配線用遮断器(MCCB)やノントリップ開閉器、漏電遮断器が用いられる。

戸建住宅では住戸内分電盤内にある契約用のブレーカーが責任分界点となるが、業務施設における低圧引込では引込開閉器盤に収容された配線用遮断器(MCCB)を責任分界点とするのが一般的。

雷サージによる誘導雷の侵入を防止するため、避雷器(SPD)を内蔵した製品もある。SPDを収容する場合、SPD本体だけでなく、SPD切離し用のMCCBも同時に収容されるため盤サイズが比較的大きくなる。SPDは雷保護に有効であるが、雷サージの大きさによっては故障する可能性があるため、故障を検出できるSPDを選定するのが望ましい。

電力会社が所有となる電力量計を合わせて収容した「引込計器盤」として運用するのが通常で、検針がしやすい屋外に設置する。建物外壁や自立柱に設置することが多い。美観上建物外壁に引込線を取り付けたくない場合や、通信線などを合わせて引き込みたい場合は、引込用電柱を建てて引込開閉器盤を固定する。

月々の電気代を算出するために、電力会社の検針員が電力メーター数値の検針を行う。施錠されていて検針ができない場所に引込開閉器盤を設置することは原則として不可である。解錠用の鍵を電力会社に提出する管理方法があるが、電力会社との協議が必要となる。

沿岸など塩害のおそれがある場所では、ステンレスの本体に焼付塗装を施した製品など、塩害に耐えるキャビネットを選定する必要がある。製造メーカーはパナソニックや日東工業、河村電器産業などが代表的。

カテゴリー

スポンサーリンク