ひかり電話

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ひ > ひかり電話

ひかり電話

光回線を用いたインターネット接続サービスにて提供されている、電話を行うためのサービスのひとつ。一般的なアナログ電話回線と同様、電話番号を電話機で入力することで利用可能であり、基本的な使い勝手は同様とされている。

ひかり電話はルーターを用いたインターネット回線を利用しているユーザーが使用可能なサービスであり、ひかり電話だけの利用はできない。一般的なアナログ電話を利用する場合、固定電話の電話加入権を購入する必要があり、2005年までは72,000円、2005年以降は36,000円という高額な商品であった。購入をせず、月々の支払いでレンタルするという制度も用意されているが、IP電話やひかり電話、携帯端末が普及したことにより、新規に加入権を購入する選択は少ない。

アナログ電話と同様、オプションサービスを申し込むことによってナンバーディスプレイ表示や着信転送、キャッチホンといったサービスが利用可能である。基本機能のみであれば、多くの通信キャリアが月々500円にて利用できる契約を用意しており、居住している地域や通話相手の距離に関わらず、3分8円という安価な通話料金にて提供されている。

ひかり電話のデメリットとして、インターネット回線の契約が必須で、かつ電源がない状態では利用できないという点が挙げられる。プランによっては、ナビダイヤルやフリーダイヤルなどの一部が利用できないおそれがある。

最近では、スマートフォンを電話機の子機として利用するアプリも提供されており、コードレスホンを購入することなく、どこでも電話を利用できるという使い方も提供されている。

カテゴリー