ベント型蓄電池

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 へ > ベント型蓄電池

ベント型蓄電池

スポンサーリンク

充電・放電中に発生するガスを、外部に放出する蓄電池。ベント型蓄電池は電解液が充填された蓄電池であり、水の電気分解に伴って内部の電解液が減少するため、定期的な補給が必要となる。電気分解の際、酸素や水素ガスが放出されるため換気設備によって室外に排出する。

ベント型蓄電池の極板構造として、大電流の放電に適したペースト式と、寿命が長いクラッド式に分類される。ペースト式は、瞬間的に大電流が必要なUPSやエンジン始動用に使用され、寿命は6年程度と比較的短い。クラッド式は、電話交換機や通信用のバックアップ電源として利用され、寿命は10年程度と長く設定されている。

カテゴリー

スポンサーリンク