サイトロゴ

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 演色性(演色評価数)

 Blueskyのアイコン

演色性(演色評価数)

光源の質を示す指標のひとつ。ランプなど人工照明から発せられる光が、自然光を基準としてどれだけ色を忠実に再現できるかを判断する指標となる。国内では演色性の数値化として「演色評価数Ra」が用いられ、光源から照明された物体の色と基準光源で照明された物体の色が、どの程度違うかを示す尺度としてRa0~100で示される。

Raが100に近いほど、照射対象の本来の色を再現できるものとされる。逆にRaが0に近いほど、色の再現ができないと判断する。一般の照明環境ではRa70以上の演色評価数が求められ、展示などをする場所ではRa95以上が望ましいとされる。

演色評価数が高いほど良い色という判断基準ではなく、人工照明に照らされた物体の色の見え方が、本来の色にどれだけ近いかを示すものであり、数値が大きいほどきれいな光という意味で捉えてはならない。数値が高いほど「きれいな光」「好ましい光」という意味とはならない。

白熱電球はRa=100、蛍光灯はRa70~90、水銀灯はRa60、高圧ナトリウムランプはRa25程度を示す。LED照明もRa70以上の器具が一般的に流通しておりRa95といった高演色性の器具も普及しているが、演色性を高めると光束が低下するので、照度を求める計画では注意を要する。

 
カテゴリー
エアコン室外機の写真
電気の仕組み、発電所から家庭に送られる電気の流れ、直流と交流の違いなどを紹介。
風力発電の写真
新エネルギーとして代表的な太陽光発電、風力発電、燃料電池や、排熱再利用など。
ライティングレールに取り付けられたスポットライトの写真
照明設計の基礎知識、実務における応用、電球の特徴と選定方法などの照明設計。
分電盤の測定写真
電気計算の基礎となる幹線設計やケーブルの選定方法、配線器具の計画、電線管の種類と使い分け。
設備時計の写真
電話、LAN、テレビ共聴、構内通信、電気時計など、弱電設備の設計や計画について。
ボックスに収容されたケーブルの写真
電力ケーブル、通信ケーブル、光ファイバーなど数多く存在するケーブルの特徴を解説。
辞書を見る人の写真
電気設備で使用される機器、材料、技術、指標や単位を解説したオンライン電気設備用語辞典。
柱上に取り付けられた変圧器と電線の写真
受変電設備の設計、各種保護装置の選定方法、受変電設備を構成する保護リレーの種類と整定方法など。
誘導標識の写真
非常用照明、誘導灯、自火報、非常用発電機、防災用蓄電池など、災害発生時に使用する防災設備を学ぶ。
机の上に置かれた辞書の写真
電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶ。
自然をイメージした植栽の写真
カーボンニュートラルを達成し、二酸化炭素の排出を削減と吸収の技術について解説。

Copyright © 2009-2024 電気設備の知識と技術 All rights reserved.