Wi-Fi

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 W > Wi-Fi

Wi-Fi

無線を用いてネットワークに接続するための規格・技術のひとつで、LANケーブルや同軸ケーブル、光ケーブルといった「有線」を用いずにネットワークに接続するものである。Wireless Fidelity を省略し、Wi-Fiという名称で普及している。

IEEEと呼ばれる機関が策定している「IEEE802.11」に対応するものであり、対応機器同士は同一ネットワークに接続することが可能である。

Wi-Fi準拠製品のネットワークへの接続は、屋内・屋外に限らず可能であり、アクセスポイントに対して端末を接続すれば、そのアクセスポイントが接続されているネットワークを利用できる。プリンターや共用ストレージなどへのアクセスも可能となるので、Wi-Fiによるネットワークを構築する場合は、セキュリティ設定を間違いなく設定しなければならない。

従前、パソコンやテレビなどの限られた機器だけしかネットワークに接続されておらず、LAN配線であっても問題になることは少なかったが、近年はスマートフォンの普及が著しく、多数の通信端末がネットワークに接続される用になっている。

照明器具や白物家電もIPアドレスを持つようになり、1つの家庭内に数十台の端末が接続されることも珍しくない。これらは有線ではなく、Wi-Fi規格に準拠した無線による接続が基本であり、煩雑な配線工事は不要となっている。

カテゴリー