KIV

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 K > KIV

KIV

屋内配線や盤内配線で使用される配線のひとつで、特に分電盤や制御盤の盤内配線に使用されることが多い絶縁電線である。IV電線よりも素線の撚数が非常に多く、より曲げやすいという特徴を持つ。よって盤内に配線を張り巡らせる用途に適しており、盤内の電力線として広く用いられている。

IVは電線管内に収容してスイッチやコンセントの電力供給用に用いられるが、KIVをこのような用途に用いることはなく、基本的に盤内専用に用いられるものと考えて良い。被覆の性能についてはIVとKIVに明確な性能の違いはなく、可とう性の違いが大きな特徴として区分されている。盤内配線としては黄色が標準で使用されている。

カテゴリー